excitemusic

子育て 主夫 料理 日常 共働き
by akira-turibaka
ICELANDia
メモ帳
本家・釣り&子育てサイト↓
岩魚がつれないなぁ

(主夫オフ会メンバー これからどんどん増やしましょう!)
最強!主夫漫画ブログ↓
カタルエ
ギターの弾ける主夫!曲も作れる!うらやましい↓
力を抜いて(ギター修行日記・育休編)
ここにも主夫料理ブログが!! ↓
専業主夫・しゅうちゃんのブログ

27歳。主夫会の新鋭↓ 
27歳。子供3人、妻1人。

(子育て父ブログ関連)
脱サラして漁師に!漁師いいなぁ。大変そうだけど。料理上手と見ました。
脱サラきんちゃく漁師のブログ


料理ブログ
RIN*さんの作る美味しそうなアジア料理のブログ。教室もやってます!
料理教室カフェソイ★アジア

(過激スポーツブログ関連)
山を駆け抜ける鉄人トレイルランナー・ナオキさんのブログ↓
山ヤ系初心者トレイルランナー&子育てパパ「ナオキ」


恐るべき武闘派・登山集団。ここまでやる40代男性は日本では滅多にいない。尊敬あるのみ。↓
へべれけ登山隊のブログ


カテゴリーは3つ登録しております。
もはや、カテゴリー不明。ワシって何者?
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ふたりジェンガ
from PoweredTEXT
ライフログ
カテゴリ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ナポリタン

今日の晩御飯は外食でした。みんなでスパゲッティナポリタンを食べました。伸びたスパゲッティにケチャップ味。缶詰のマッシュルームに刻んだ生ピーマン。昔の味を忠実に再現していて懐かしい限りでした。

ナポリタンって、イタリアのトマトソーススパゲッティを見た人が「うーん、あの赤いソースはなんだ?なにを使っているのだろう?・・・そうだ!ケチャップに違いない。それと、あの緑色の葉っぱ(バジル)はなんだろう?うーん、そうだピーマンだ、ピーマンを使っているのだろう。」と勘違いして出来上がった一品なのではなかろうか?
嫁さんとビール片手に語り合った結果、そんな結論がでました。

あながち間違えではないとは思いますが・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-30 20:30

変な組み合わせ

すごい変な組み合わせですよね。エスキモーと赤道直下の人が結婚するくらい変な組み合わせですよね。
なにかというとそれは焼きそばパン。絶対変ですよ。焼きそばとパン。食べると焼きそばがポロポロ落ちるし、飲み物なしでは食べられないし。(焼きそばパンってめちゃめちゃのどに詰まりますよね。)でも、どこにでも売っているということは、熱烈な焼きそばパンマニアがいるに違いない。こんなけったいな食べ物を好きな人はいるのか?


・・・いるんですよー。それは私です。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-23 22:29

かわいそう

うちは共働きなので次男を保育園に預け、長男はかぎっ子です。次男は保育園で保母さんに面倒を見てもらっているので何の問題もないですが、長男は時々かわいそうに思うときがありますね。

それはどんなときかといいますと、家に帰ったときに長男がちんまりうずくまって一人で寝ちゃっているときですね。「ああ、こいつさぞかし寂しかったんだろうなぁ。」と思います。

一度、家に電話しても長男がでないので、私が家に急いで帰ったことがありましたが、なんとエレベーターのドアが開くと、長男が廊下にバッタリと倒れている・・・。そのときは病気の発作でもおこしたのかと思って本当にびっくりしました。「おい、大丈夫か。しっかりしろ!」とゆさゆさゆすぶったら、長男は「ううぅ。寝ていた・・・。」長男、家の鍵を忘れて家の前で座り込んでいるうちに眠くなって寝てしまったらしい。顔は蚊に食われ放題でボコボコでございました。でもまあ、暖かい夏の出来事でよかった。

こういう事態に直面すると私はオロオロしてしまうんですが、嫁さんは「私には私の人生があるの、あなたたちには早く自分のことは自分でできるようになってもらわないと私の時間がなくて困るの。」という人なので割り切ってるみたいですね。腹が据わっているというか、なんというか、とにかく向こうの方が子育てに関しては一枚も二枚も上手ですね。

この前、長男は一人で電車にのって水泳の練習に行ったんですけど、帰り道どのホームの電車にのっていいのか、わからなくて30分間、ホームのベンチに座って途方にくれていたらしいです。胸が痛むなぁ。

でも、こういった経験って形は違えどもいつかは誰でもするわけで、まあしょうがないですね。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-23 22:16

意外な才能

人間、ひょんなことから自分でも思いもよらぬ能力が出現することがありますよね。ないですか?私はあったんですねー。「自分にはこんな一面もあったんだぁ」と感心しましたよ。きっかけはいまのマンションに住んだことでした。私らの住んでいる部屋は8階。地上からかなり高いです。日々暮らすうちに出現した意外な能力は高所恐怖症。部屋にいるのが恐ろしくてしょうがなかったです。部屋のどこにいても中に浮いている感じがするんですね。寝ている最中に「転がり落ちる!」と何度目覚めたことか・・・。
現実的に、マンションの部屋で寝ていて転がり落ちる人なんか絶対にいないんですけどねぇ・・・。
話は変わりますが、去年の夏に家族で那須に行きまして、ロープーウェイで那須岳に登りました。2000mから眺めた景色は、嫁さん曰く「すばらしい」ものだったそうですが、私にとっては高くて怖かった。「落ちたらどうしよう?」って思っちゃうんですよ。
最近、やっとこの部屋の高さにも慣れたみたいで落ち着いていられるようになったみたいです。今年の夏はもう一度どこかの山のてっぺんから下界の景色を眺めてみようと思っています。怖くなかったら高所恐怖症を克服したことになるんですが・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-23 21:21

燃えろ球魂

長男、先週から少年野球団に入団して、野球に燃えています。昨日はいきなりセンターで試合に出場しました。「なんも、準備しないで大丈夫かいな?」と危惧しましたが、なんのことはない。外野までボールを飛ばす子供なんていないんですね。というより、バットにボールを当てる子なんて滅多にいない・・・。長男は外野に突っ立っているだけでOKでした。監督・コーチは「ピッチャーとキャッチャーにファーストがしっかりしていれば試合になります。」と言っておりましたが、その通りでございました。

しかし、スポーツってのは子供をなんか成長させますね。上手くいえないですが、長男微妙に変わったような気がします。すこし大人になったつーか、そんな感じですね。アニメにマンガにテレビゲームとバーチャルなもの漬けだった長男が、初めて出会ったリアルなゲームが野球だったんですねぇ。

けれども、どうも、この調子でいくと私らの貴重な土日が全部野球で潰れてしまうみたいで、入れてよかったよかったと手放しで喜べるわけでもないです。俺本当に子供の頃、野球をやったことないんだよ。ぜひコーチをと言われてもなぁ・・・困ったなぁ。

長男はいま次男を相手に寝室でキャッチボールの練習をしています。かわいそうに次男。「もっと上に投げろよ!」「そうじゃないだろ!」と怒鳴り散らされています。新たな受難が次男の上に振りかかっているようです。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-17 21:12

パカッとな

離乳食を赤ちゃんに食べさせているお母さんを見かけたら、口元に注目してください。かなりの確率で赤ちゃんの口にスプーンを運んだ瞬間「パカッ」と口が開くはずです。嫁さんが「パカッ」と口が開くのを発見してから、観察に観察を重ねた結果なので嘘じゃないです。自分も子供に離乳食を食べさせたことがありますが、子供が「パカッ」と口が開いたときに、つられて自分も「パカッ」口が開きそうになるんですよね。あれってなんなんだろう?
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-17 20:46

長男は今、「プロ野球選手になりたい」という夢を持っています。保育園卒園時には会社員になりたいだったのですが、おとうさん・おかあさんはいつも疲れて帰ってくるので嫌だそうです。???プロ野球選手のほうがもっと疲れると思うのですが・・・。
なんにせよ、子供は夢が沢山持てていいものです。41歳の私が「プロ野球選手になりたい。」とか「サッカー選手になりたい。」などと真顔で言ったら、周りは笑うか止めるかするでしょう。

要するに、私にはプロスポーツ選手になる可能性というのはまったくないため、周りに笑われたり、止められたりするわけですね。それに対して、長男はまだ8歳。これから、何者になるかわからない無限の可能性を秘めています。だから、荒唐無稽な夢をもっても、みんなに「おお、そうか。がんばれよ。」と言われるわけです。まったく、年をとるということは、可能性を少しずつ捨ててゆくことでもあるのですなぁ。

長男はきのうから少年野球団に入団しました。「プロ野球選手になりたい」という夢に向かって一歩を踏み出したのですな。というとかっこいいですけど、練習を見ていたら、走り方からしてなっちょらん。夢の実現は険しい道のりのようです。なんにせよ、可能性を一杯持っている少年はうらやましいですね。

ところで、今年は小学校からクラスの文集をもらいました。そこには将来の夢を一人一人が字と絵で書いていました。長男はもちらん「プロ野球選手」でして、プロ野球選手らしき絵が描いてありました。
みんなも似たような夢ばかりでしたが、なかに、一人だけ「課長」と書いている子供がおり、公務員メガネをかけたオッサンの絵が描いてありました。
どんなの企業の課長になりたいのか不明ですが、いまから努力すれば、かなりの確率で実現が可能でしょう。がんばれ子供よ。課長を目指して・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-09 17:50

やめてくれ

今日は和民で晩御飯を食べてきました。ワイン一本飲んだんで、いい感じです。

和民でご飯食べていて嫌だったのは、バイトの女の子が床に両膝をつけて、料理の注文を取るんですよ。両膝付き注文受けは、4~5年前くらいに徐々にファミリー居酒屋で始まったんですけど、あれやめて欲しいなぁ。俺、そんなに偉い人じゃないよ。

大学の時に友達に連れて行かれた、オネーチャンがそばにはべる飲み屋で、両膝付いてお酒を注いでもらってから、どうも両膝つきだめなんですよねぇ。頼むから普通にしていて欲しいものです。

嫌だといえばファミリーレストランの丁寧な受け答えも駄目ですねぇ。マニュアルどおりにやらないと店長に怒られるからしかたがないといえば、しかたないんですけど、彼女ら彼らはうちの子供達にも敬語を使うんですよ。
「ご注文はお決まりでしょうか?」「お飲み物は何になさいますか?」おしぼりを渡すときは「お熱いのでお気をつけください。」
子供ごときに敬語を使うのはおやめなさいって。子供が図に乗るだけだから・・・。
「ぼく、何にする?おしぼり熱いから気をつけてね。」ぐらいで十分だってば。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-08 21:36

トレーナー

今日、久しぶりにトレーナーを着て外出しました。寝巻き以外でトレーナーを着るのは何年ぶりでしょうか・・・?
まあ、そんなことはどうでもよろしい。鏡に映った自分の姿をふと見て、思い出しました。その昔、トレーナーをわざと裏返しにして着るのが爆発的にはやったのを・・・。
「おー、そんなことがあった!」とひざを打ったあなた。同志ですね。年が近いです。
「はぁ?なんじゃそりゃ?」と首をかしげたあなた。まだ若いですね。うらやましいです。
若いあなた。そんなことがいまから25年前くらいに、はやったんですよ。いまや、近所のおじさん、おばさん、だれでも着ているトレーナーですが、25年前に日本に上陸したときは、ラコステのポロシャツくらい若者にもてはやされたんですよ。(ラコステのポロシャツといってもこれまた判らんでしょうけど。)そのトレーナーをあえて裏返しに着るのが粋だったんですねー。
そういえば、ラコステのポロシャツで思い出したけど、ポロシャツの襟を立てるのがはやったこともあったなぁ。(わたしゃあれはやりませんでしたが)さらに、セーターのすそをあえてズボンに入れちゃうっていうのもあったなぁ。(これは、やりました)
懐かしい気分でトレーナーを裏返しにして着てみました。鏡に映った自分の姿は・・・変でした。だれがあんなこと始めたんだろう?
いま、子供の間では長袖シャツの上にTシャツを着るのが定番みたいですけど、あれも30年くらいすると、すたれて「あれってなんだったんだろう?」ってことになるのかなぁ。
蛇足ながらハマトラで身を固めた女の子をもう一度見てみたい気がします。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-08 17:31

耳パン

f0032911_20333770.jpg

今日、会社の帰り道で食パンを買ったのですが、ちょっと珍しかったので写真をとってみました。この食パン端がすべてパンの耳なんですよ。おおっ、なんと懐かしい。昔はけっこう耳パン、食卓にでてきたんですけど、いまは見ないですよね。

子供の頃、誰が耳パンをたべるかでよくもめたことを思い出しました。焼くと耳パン固くてみんな嫌がっていたよなぁ。でも、細長く切った耳パンにバターと砂糖をつけて食べるとおいしいんですよね。おやつに食べたりしました。明日の朝は耳パン食べてみようと思っています。
[PR]
by akira-turibaka | 2006-04-03 20:44