excitemusic

子育て 主夫 料理 日常 共働き
by akira-turibaka
ICELANDia
メモ帳
本家・釣り&子育てサイト↓
岩魚がつれないなぁ

(主夫オフ会メンバー これからどんどん増やしましょう!)
最強!主夫漫画ブログ↓
カタルエ
ギターの弾ける主夫!曲も作れる!うらやましい↓
力を抜いて(ギター修行日記・育休編)
ここにも主夫料理ブログが!! ↓
専業主夫・しゅうちゃんのブログ

27歳。主夫会の新鋭↓ 
27歳。子供3人、妻1人。

(子育て父ブログ関連)
脱サラして漁師に!漁師いいなぁ。大変そうだけど。料理上手と見ました。
脱サラきんちゃく漁師のブログ


料理ブログ
RIN*さんの作る美味しそうなアジア料理のブログ。教室もやってます!
料理教室カフェソイ★アジア

(過激スポーツブログ関連)
山を駆け抜ける鉄人トレイルランナー・ナオキさんのブログ↓
山ヤ系初心者トレイルランナー&子育てパパ「ナオキ」


恐るべき武闘派・登山集団。ここまでやる40代男性は日本では滅多にいない。尊敬あるのみ。↓
へべれけ登山隊のブログ


カテゴリーは3つ登録しております。
もはや、カテゴリー不明。ワシって何者?
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ふたりジェンガ
from PoweredTEXT
ライフログ
カテゴリ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

次男の悩み

次男は、相変わらず絶好調です。わが世を謳歌しています。「毎日が楽しい」とのたまい、外を歩くときはいつもスキップスキップ。ところが、そんな次男にも大いなる悩みが一つあります。

最近、次男は「人は死ぬ」ということに気がついたみたいで「W死にたくないよぉ」と言ってシクシク泣くことが、時々あります。
「W年をとりたくないなぁ」と言うので、「なんで?」と聞き返したら、「だって、年をとると死ぬんだもん・・・」と言い返してきたこともありました。そのときも目をウルウルさせていましたねぇ。

大人でも死ぬのは怖いです。小さな彼にとって「自分はいつか死ぬ」という事実は、とてつもなく耐えがたく、また物凄い恐怖なのでしょう。
しかし、5歳にして死ぬということに気づくとは、ませているというか、早熟というか・・・。
私なんか「人は死ぬ」ということに気がついたのは小学校5年くらいになってからだよ。なんで気がついたかというと、五島勉ちゅう馬鹿者が書いた「ノストラダムスの大予言」という本の存在を知ったからです。「俺って1999年に死んじゃうんだ・・・」とかなりの衝撃を受けました。私の人格にまで影響を及ぼしたといってもいいです。
まったく、五島勉め。適当なうそばっかり書きやがって、俺の前で謝れといいたいですよ。

近頃、長男も次男に触発されたのか「おとうさんとおかあさんは何歳まで生きるの?」とか「100歳まで生きる人って何人いるの?」と質問をしてきます。
まったく、君たちはそんなことまだ考えなくていいの!そんなことより毎日楽しく過ごすことに精進しなさい。お迎えが来るのはまだまだ先の話なんだから・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-31 08:42

寝相

子供って寝相が悪いですね~。特に長男は寝相がとっても悪い・・・。人の体の下に足をぐいぐい突っ込んでくるんですよ。長男のカカト落しが私の目を直撃してこともあったなぁ。そのときは思わず頭にきて、本気で何度もぶん殴りましたね。幸いにも寝ぼけていたので、パンチがはずれて布団を直撃しただけで済んだんですけど。あたっていたら長男(当時、2歳か3歳)大怪我していたでしょう。外れてよかった。

私は最近イビキをかくのと、子供たちが大きくなって皆で寝るには寝室が狭くなったので、別室で寝るようになり、この苦痛から開放されましたが、嫁さんは「今日も夜中に子供に何度も起こされて、よく寝れなかったわよぉ。」としょっちゅうこぼしています。

昔、長男が寝ながらゴロゴロ転がっているのを、何度も観察したんですけど、かなりの確率で嫁さんのほうに転がっていくんですよ。グウグウ寝ているのに。人の体の下に足を突っ込むのも寝ながらやります。目を覚ました状態でやっていません。無意識のうちにやっているわけですね。
そこで、私は「人はまったく意識がないという状態はない。意識がない時、人は無意識という意識に支配されているのだ。」という仮説を打ち立てました。

ある時、会社の仲間の奥さん達に「長男、寝相が悪くて困るよ・・・。」愚痴をこぼしたところ、「あー、あるある。うちの子供は髪の毛を指でクルクルするんだよね~。」「わたしの友達の子供は、寝ながらツネツネしてくるらしいよ。」と答えてくれました。
うーん、子供の寝相って色々個性があるんだなぁ。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-29 10:23

女親男親

子供達は嫁さんをすごく信頼しています。なにか困ったことがあると嫁さんに相談しますね。

なぜか?理由は簡単。子供に何か頼まれごとをされると「まったくもう。」といいながらも自分のやっていることを中断して、すぐ対応するのが嫁さん。それに対して「ちょっと、まっててね。」と自分のやってることを区切りがつくまでやってから対応するのが私。

ちょっとした違いですけど、子供にとってはとても大きな差みたいですね。この違いは女親と男親によるものなのか?嫁さんと私の性格の差なのか?ちょっと判りかねます。

ただ母親って子供のことを良く見ていますね~。嫁さんは仕事。私は無職のため子供の保護者会は私が出席するんですけど、お母さん達に感心しますね。自分の子供だけじゃなくて人のうちの子供のことまでよく把握しています。私なんか自分の子供ことしか関心がないよ・・・。人の子供の名前なんて全然覚えられません。お母さん達は「○○ちゃんは気持ちが優しいから。」とか「○○ちゃんは○○ちゃんと仲がいいんだよね~。」とか、どこでそんな知識を仕入れてくるのだ?と思うほど色々と知っていますなぁ。なかには「うちの子供を見ていると腹が立ってくるから、できるだけ見ないようにしている。」とのたまう母親もいますが・・・。気持ちはよーく判りますが、そうおっしゃらずに子供のことをかわいがってあげてくださいな。頼むから。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-25 10:22

遊び

長男と次男が寝室で遊んでいると「なにやっているんだよ!」「ちゃんとやれよ!」と長男の怒鳴り声が響き渡ります。しばらくすると泣きべそをかきながら次男がシオシオと寝室から出てくる・・・。
半年前まではそれが当たり前のように繰り返されていました。しかし、いまでは違います。2人でキャーキャー叫びながら楽しそうに遊んでいます。次男よ、成長したのう。長男のときもそうでしたが、5歳になるとだいぶしっかりしてきますね。来年はもっとしっかりするのでしょう。言葉もほとんど理解できるようになったし、おつかいもできるようになりました。
「ぼく、牛乳買ってくる!」次男が初めてのおつかいをしたときは、長男が「心配だから、後をつけてくるよ。」と言って、こっそり後をつけることになりました。マンションの渡り廊下から下を見ていると、張り切って走ってゆく次男。電柱の影に隠れながらこっそり尾行をする長男。それを、上から見ている両親・・・。ずいぶんお間抜けな、初めてのおつかいでした。この時は400円持たせたんですけど、次男は金銭感覚がないため、205円の牛乳を2本買ってしまい、お店の人におまけしてもらったらしいです。
まだまだ、駄目ですねぇ。
次男は身長もニョキニョキ伸びており、現在の身長は116cmです。あと、4cm伸びるとですね~。遊園地の絶叫マシンがすべて乗れるようになるんですね~。今年の春か夏くらいには120cmになるのかな?絶叫マシンでビビリまくる次男の姿を見るのがいまから楽しみですよ。
話は元に戻りますが、男の子の遊びって激しいですね~。2人で寝室の網戸を破いてしまったよ。年子で男3人兄弟がいるお客さんは「(子供が破きまくるので)うちにはフスマというものはない。」と言っていました。2人でこの調子なんですから、3人(しかも年子)いると凄まじいものがあるんですなぁ。
心配なのは下の家の人(7階の住人)のことで、嫁さんが「うるさくていつもすみませんねぇ。」と謝ったところ返事がなかったらしい・・・。相当うるさいみたいです。気をつけないといけないなぁ・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-24 10:23

この前、久しぶりに金縛りに会いました。寝ていると体が動かない・・・。「ああ、嫌だなぁ。早く体が動くようにならないかなぁ。」と思っていると沢山の人達の笑い声が聞こえて、そこで体が動くようになりました。薄気味が悪くて、嫁さんと子供が寝ている部屋に行って寝かせてもらいました。42歳のおっさんがみっともないですね。でも、気味が悪いんだからしょうがない・・・。

金縛りはたぶん夢ですね。自分が布団で寝ている夢を見ているんだと思います。起きているんじゃなくて寝ているから体が動かないのだと思います。夢だとわかっていても嫌なものです。

私は大学で考古学を専攻しており、発掘もやっていました。あるとき古墳時代のお墓を掘って、そこから人骨が出てきたことがありました。それを家に持ち帰って一ヶ月くらい保管していたことがあったんですけど、ある日の夕方、おふくろが「あんた、あの人骨どっかにもっていってくれない?」と言うんですよ。「なんで?」と聞き返すと「寝ていたら、布団がぐるぐる回りだした。人骨なんか家に置いておくから、そんなことになるんだ。頼むからどっかにもって行ってくれ。」という答えが返ってきました。妹は「寝ていたら天井から人の腕が落ちてきた。」とも言っていたなぁ・・・。結局、人骨はその日の夜、大学まで持っていって、大学で保管することにしました。
あれはなんだったのかなぁ?2人とも夢を見ていただけだと思うんですけど・・・。

ちなみに私が怖かった夢ベスト3は

1.夜、人気のない道を歩いていると公衆電話があって、電話が鳴っています。おもわず電話をとると、「あたしの彼死んだの。」と抑揚のない低い女の声が・・・。怖くなって電話を切ると、再び電話が鳴って、よせばいいのにまた電話を取るともう一度「あたしの彼死んだの。」という女の声が・・・。そこで目が覚めました。


2.金縛りの夢を見ていて動こうと必死にもがいていると、この世のものとは思えない男の断末魔の悲鳴が・・・。その後すぐ、これまたこの世のものとは思えない、気味の悪い笑い声が聞こえてきて、そこで目が覚めました。

3.金縛りの夢を見ているとき、ラジオの雑音みたいな音が大音量で響き、体がジェットコースターに乗っているときみたいに上下に動いた。

以上が私が生まれてから見た夢で、怖かった夢ベスト3でございます。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-23 10:25

10周年記念

f0032911_17411667.jpg


1/11は結婚10周年記念日でした。お刺身を沢山買ってきて、シャンパンでお祝いをしました。10年間たのしいことやら、たいへんなことやらありましたが、いつも変わらぬ態度で接してくれた嫁さんには感謝感謝です。

会社をやめて色々なものを失った私だけど、家族だけが残ったよ。嫁さんと色々と私の体を心配してくれる長男と保育園に迎えに行くとニコニコしながら走りよってくる次男とが・・・。あと仕事以外の友人も残りましたね~。本当に仕事の人間関係って会社辞めちゃうと切れちゃうんですなぁ。それから自分が休職しても、びくともしない会社にはビックリしたよ。「会社なんてそんなものさ。」とうそぶくあなた。あなたはまだ知らないだけなのです。いずれ定年を迎えたときに大きな喪失感を味わう・・・かもしれませんよ。仕事ってなんなのだ?と休職期間中はジーッと考え込んじゃいましたね。

会社を辞めて家族と仕事以外の人間関係のありがたさがしみじみわかるようになったよ。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-13 17:54

ネコ

f0032911_942469.jpg


昔、首輪にヒモをつけて散歩をする服を着たネコを見たという文章を書いたんですけど皆さん覚えていますか?私はとうとうそのネコの撮影に成功しました。それが上の写真です。どうです。本当にいたでしょう~。今回は歩いて散歩じゃなくて、飼い主にダッコされながら散歩をしていました。
この日のネコはフード付きのニットを小粋に着こなしていました。似合っています。どこでこんな服かってくるんだろう?犬用の服は売ってそうですけど、猫用の服って売ってるんですかねぇ?もしかして、自作かも・・・。しかし、おとなしいネコですね~。前にも書いたとおり、ネコってこういうことをされるとめちゃめちゃ嫌がるんですが・・・。まあ、ここまで気性のおだやかなネコは、千に一匹、万に一匹でしょうね。
とても貴重な画像だと私は勝手に考えていますが・・・。皆さんはどう思われます?
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-11 09:54

動物園

f0032911_177731.jpg


昨日、レンタカーで横浜ズーラシア(動物園です)まで行ってきました。シクシク。首都高で合流しそこねて、車をポールにぶつけてしまったよ。レンタカー屋であやうく2万円取られるところだったよ。シクシク。首都高怖いよぉ。おじさん2度と首都高には乗らない・・・。

まあ、そんなことはどうでもいいんですが、車ででかけると楽でいいですね。子供が寝ようが、後ろで暴れようがおかまいなし。電車だと駅で降りるときに寝た子供を起こしたり、暴れたら怒ったりしないといけません。いやー、車でおでかけ、くせになりそう。

ズーラシアで子供達(特に次男)はズーッと走りっぱなし、つくづくタフな奴らです。長男はきちんと動物園に行って、動物を見たことが判っていて、オカピが一番よかったとコメントしてくれましたが、次男は何を見にいったのかよく判っていないようです。連れて行き甲斐のないやつと思っていたら、今日の晩御飯のときに「Wはお猿が一番面白かった。」と発言しました。ちゃんと理解していたのね。すまん、次男よ。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-08 17:17

認知症

ついにうちにも任天堂DSがやってきました。中古ですけど・・・。人気がありすぎて新品は手に入らないんですよ。どこにいっても入荷待ちですって言われちゃって、つい中古品に走っちゃいました。
上の子はサンタさんからもらった「ポケットモンスターパール」に夢中です。大人は嫁さんが「英語漬け」と「脳トレ」を私は「DS献立全集」を買いました。DSは大人が楽しめるソフトも売っているので良いですなぁ。
「脳トレ」をみんなでやってみたんですが、私の脳年齢は39才。やりました。実年齢より3才若いです。嫁さんは実年齢どおりの40才。長男も挑戦したんですが、なんと驚きの66才。次男がルールを理解できずに論外。まあ、100才といったところなんでしょうか?ここで判ったのは、嫁さんと日頃話している通り、「小さい子供って認知症だなぁ。」ってことでした。
小さい子供って、「船って空を飛ぶんだよね」的発言をしきりにしますが、これを認知症と言わずしてなんといおう。
寝たきりになってしまった祖母の面倒を見ていた嫁さん曰く「一生懸命面倒を見ていても少しずつ体が弱ってゆくお年寄りと違って、子供の認知症はきちんと育ててゆけば、年齢とともに治るんだからいいじゃないの。全然違うよ。」だそうで、まったくおっしゃる通りです。すみません。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-06 22:37

駅伝

f0032911_2132615.jpg

いやー大学駅伝面白かったですねー。順大の箱根坂登りもさることながら、私達夫婦が卒業した東洋大がまさかの5位入賞。いつもシード権争いばっかりしているのに今年はがんばってくれました。
しかし、駅伝って正月向きのスポーツですよね。朝から昼まで延々とやっていて、見ながら、ついうたたねをしておきてみるとまだ走ってる。順位が変わっていても別段大勢に影響はない・・・。サッカーではこうはいきませんよ。おせちをつつきながら酒を飲んで見ていると非常によろしい。
駅伝は嫁さんの実家で酒を飲みながら見るのが恒例の行事と化しており、最初はビールで花の2区は日本酒、3区は焼酎、4区はワイン、5区は又ビールと見るほうも酒の駅伝状態。終わった頃にはグルグルです。

ちなみに写真のネコは嫁さんの実家のネコ、アリアンヌ(通称アリちゃん)です。もうかなりの年で今年いっぱいで死んじゃうかもしれないということなので、のせてみました。アリちゃんは日頃じーちゃん、ばーちゃんとのんびりと暮らしているのが、正月になると子供に追いかけ回されて、体調を崩すそうです。ネコにとっては災難の正月みたいです。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-01-04 21:03