excitemusic

子育て 主夫 料理 日常 共働き
by akira-turibaka
ICELANDia
メモ帳
本家・釣り&子育てサイト↓
岩魚がつれないなぁ

(主夫オフ会メンバー これからどんどん増やしましょう!)
最強!主夫漫画ブログ↓
カタルエ
ギターの弾ける主夫!曲も作れる!うらやましい↓
力を抜いて(ギター修行日記・育休編)
ここにも主夫料理ブログが!! ↓
専業主夫・しゅうちゃんのブログ

27歳。主夫会の新鋭↓ 
27歳。子供3人、妻1人。

(子育て父ブログ関連)
脱サラして漁師に!漁師いいなぁ。大変そうだけど。料理上手と見ました。
脱サラきんちゃく漁師のブログ


料理ブログ
RIN*さんの作る美味しそうなアジア料理のブログ。教室もやってます!
料理教室カフェソイ★アジア

(過激スポーツブログ関連)
山を駆け抜ける鉄人トレイルランナー・ナオキさんのブログ↓
山ヤ系初心者トレイルランナー&子育てパパ「ナオキ」


恐るべき武闘派・登山集団。ここまでやる40代男性は日本では滅多にいない。尊敬あるのみ。↓
へべれけ登山隊のブログ


カテゴリーは3つ登録しております。
もはや、カテゴリー不明。ワシって何者?
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ふたりジェンガ
from PoweredTEXT
ライフログ
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日曜日、野球試合の結果。

いや~終わりました。日曜日の試合が・・・。第一試合、我が長男の野球団はBチーム登録で戦いました。
(少年野球はAチームが6年生、Bチームは5年生、Cチームは4年生以下。そんな、チーム構成になっているのですよ。)
相手のBチームは5年生主体の強敵です。結果は負けました。予想通りなのでショックはなかったです。うちは4年生主体なので、まあしょうがないですよね。1年の差は大きいです。
そして、第2試合、長男はCチームに所属して、相手と対戦しました。これが今回の目玉試合です。相手もCチーム、勝機は十分にあります。先発は頼れるキャプテン代行のHY君、キャッチャーは最近成長著しいH君のバッテリー。俊敏利発なキャプテンKY君は不動のショートを守り、長男Rはサードの位置につきました。
試合は長男のチームが初回に4点を取り有利に進みます。さらに2回に4点を取り、相手チームは1点返すも試合はそのまま終了!8対1で長男のチームは初勝利をおさめました。
長男はこの日で野球を初めて1年がたちます。去年のこの日、エキシビションマッチにGパン姿で、センターにボーッと突っ立っていた長男がこんなにうまくなるとはなぁ・・・。投げてはゆるいボールしか投げられず、守ってはエラーばかり、打っては内野ゴロが精一杯だった彼が、サードゴロをさばき矢のような送球をファーストに投げるようになったよ。ファアルになったけど、ライナーを外野まで飛ばしたよ。おまけに、ランナーが3塁にいて、牽制球を受けたとき、ピッチャーにボールを返すまねをして、ランナーをつり出しアウトを取ろうするなんて・・・。
偽投なんて小技どこで覚えたんだ?俺は教えてないぞ・・・。ここまで、彼を育ててくれた監督・コーチそして、お茶当番をしてくれたお母さん達に感謝感謝ですね。
ちなみに、長男は守っては2度アウトをとってノーエラー、打ってはファーボール2回、セカンドゴロ、トンネルエラーで2塁まで行きました。打順は2番でした。

次男Wはエキシビションマッチに出場しました。この試合は試合に出れない1~2年生の子達や一日中兄貴の試合に付き合わされている女の子や、保育園児が出場できます。何回同じ選手を交代させてもOK。なんでもありのお気楽な試合です。のんきに観戦しようとしていた私ですが、S監督に「どうです?たまには監督やってみませんか?」といわれました。謹んでお断り申し上げましたけれども、周りが「やれ、やれ」と勧めるので引き受けました。・・・監督ってとっても疲れるのね。打順・守備位置の確認、さらに子供達を見守り、声を出して励ましたりしないといけないのです。アンテナを絶えず張っていないといけません。うつ病の患者には向いていない仕事ですね。

次男Wは2回に代打で出場。ファーボールを選び出塁。ピッチャーの暴投で2・3塁を回り無事ホームまで帰ってきました。守備はライトを守りましたが、ボールが飛んでこないのであからさまに退屈してました。たぶん来年、次男Wも長男Rの少年野球団に入団します。次男Wの野球デビューは来年まで待たねばなりませんね。

ところで、試合に勝った長男RのCチームは来週日曜日決勝戦を戦います。勝てば優勝、監督・コーチのおごりで、おすし屋さんで祝勝会が開かれます。勝っておすし食べ放題といきますかどうか?来週も楽しみですね。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-24 15:47

お楽しみの日曜日

いやー、土曜日はまいったっす・・・。バイトで相性の悪いおばちゃんが、となりの席にきて気を使いまくり、ぐったりしました。もう、帰ってきたらなんもする気がしなかったですよ。はぁ~。でも、そういう人とうまくやってゆくのも、うつ病克服になるのでいい修行です。おばちゃん、悪い人ではないんですが・・・。めちゃめちゃ口が悪くて、怒りっぽいんですよ。

しかし、今日はお楽しみの少年野球なのだ!本日は、A球場にて試合三昧の日なのです。長男Rは、ダブルヘッダーを体験、そして次男Wはもしかすると、試合に出してもらえるかもしれません。長男は、初勝利を目指し(現在0勝3敗)次男は試合初デビューを目指します。うー、楽しみだなぁ。心配なのは雨ですね。

結果はブログでお知らせします。姉M・やす兄よ、結果をお楽しみに・・・。長男・次男の活躍を願って、念を一杯送ってくださいね。頼みます。
そして、dondonさん、亀レスすみません。お返事必ずしますからね~。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-22 06:58

自衛隊の人たち

昔々のことです。元会社の仲間(男数人・女2人)と東北の安比スキー場に
行ったときのことです。

初めて行った安比スキー場は最高でした。人が少なく、コースは豊富、
おまけに雪質は最高といいところばかりです。
スキーを楽しんでいると、自衛隊の人たちが雪上訓練をしているのを
見つけました。
「おおっ、みんな遊んでいるのにご苦労なこった。」
散々滑ってから、宿に帰って夕食後、部屋で酒盛りを始めました。
するとそこに若いにーちゃん達が部屋に勝手に入ってくるなり
「おねーさん、一緒にお酒を飲もうよ~」と会社の女の子に話しかけて
くるではありませんか。
「いや~、やめておきますよ。」と丁重にお断り申し上げましたが、
なんだこいつ?と思って「あなた達、なんの仕事をしているんですか?」と
たずねてみたところ返ってきた答えは「僕達自衛隊です。」とのこと。
彼らが去った後、「なんだよ~。ふざけんなよぉ~。」と仲間達は怒っていましたが
興味のわいた私は「よし!分かった!俺に任せろ!」と酔った勢いで彼らの部屋に
遊びに行ってみることにしました。


「こんちは~どうも~。」と言いながら、部屋のふすまをガラッと
開けたみたところ、自衛隊の皆さんも宴会を開いていらっしゃいました。
「おおっ!来てくれたんですね。」と自衛隊の人達は喜び、私は宴会の輪に
加わりました。彼らは、安比スキー場で雪上訓練の後、各地を転々として、
最後は東京に帰るとのこと。民間人の私と軍人の彼らとの楽しい酒盛りが
始まりました。
残念ながら、ものすごく酔っ払っていた私はそのときの会話をよく覚えていません。
ただひとつ覚えているのは、よせばいいのに酔った私が「かかって来い!」と
ファイティングポースをとったところ、速攻ローキックを叩き込まれたことです。
・・・全然痛くありませんでした。おそらく、私が民間人なのを気遣ってくれたの
だと思います。これが、戦場だったら私はキックの衝撃で転倒、そしてとどめの
一撃が、目かのど元に・・・。専守防衛、戦わない軍隊の自衛隊ですけど、
さすが殺人を生業とする人たち、やっぱりすごいですね。この経験で得た教訓は
「自衛隊の人に絡まれたら謝るか逃げろ。」ということですね。

余談ですが、機動隊も、ものすごく強いらしい・・・。大学時代、バイト先の
先輩に聞いた話では、安保闘争華やかなりしころ、機動隊と正面衝突した彼は
機動隊員に一撃で倒されたらしいです。その先輩、剣道4~6段だったそうで
自信満々、ゲバ棒で殴りかかったそうですが・・・。
「機動隊、恐るべし。」と語っていましたね。

話は元に戻ります。和やかムードの宴会は意外な形で終わりをつげました。
「なにやっている!お前ら。さっさと寝ろー!」ガラッとふすまを開けて上官が彼らに怒鳴りつけたところ、だらだらと飲んでいた自衛隊の皆さんはいっせいに気を付けをしてセッセと布団を敷き始めました。やっぱり軍隊。上官の命令は絶対なのですね。
大の大人達が一心不乱に布団を敷く姿・・・。
不思議な光景でしたよ。

あっけにとられた私は部屋にすごすごと帰りました。部屋では仲間達が
「どうしよう。あの人自衛隊に拉致されちゃったよ・・・。」と心配しながら
待っていました。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-19 18:29

インド料理屋さん

「東京23区のチベット」「工場ばかりでなにもない」と人々から
バカにされている板橋区ですが、ここ2~3年の間に近所に、
インド人やパキスタン人の経営するインド料理屋さんが3軒もできました。
歩いて10分くらいの近場で、本格的インドカレーが
食べられるのはうれしい限りです。
時々子供を連れて、本格的インドカレーを食べに行きます。
一番おいしいのはパキスタン人のカレー屋さんなのですが、
ここは子供用のカレーがないのです。
「すんません。子供用の甘いカレーはありますか?」と聞いて
「あっ。ああ、ありますよ。」と返事が返ってきたので、安心して
入ったのですが、出てきたのは大人の辛いカレーに砂糖がたっぷり入った
まさに甘いカレーでした・・・。「甘い=辛くない」という日本語のニュアンスが
この人分かっていないみたいです。次に行ってまた辛いカレーが出てくると
子供がかわいそうなので、残念ながら再訪はしていません。

しかし、なんの事情で日本にやってきたのか分からんけど、カレー屋の主人。
たいしたもんだ。もし私が異国の地で裸一貫からやってみろといわれてもできないよ。
ぜったい路上で飢え死にしますね。
彼らは曲がりなりにも、お店を構えて経営してるもんなぁ。偉いと思います。

風に乗り、遠い地へやってきた異国の花の種よ。大地にしっかり根付き
大輪の花を咲かせよ。と願わずにはいられません・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-18 06:29

最強味噌汁の具

きょうのA新聞の夕刊で、MY味噌汁という記事を見ました。

・・・やられたよ。ひそかに暖めていたネタを先にやられてしまった。
で、その記事を書いた人の最強の味噌汁の具は、ニラと岩のりだそうです。
ふーん。面白い組み合わせですね。

私の味噌汁最強の組み合わせはジャガイモとワカメなのです。
ジャガイモとたまねぎも捨てがたいですね~。
子供のころは、ジャガイモとワカメは味噌汁を煮込むと、ワカメが溶けて
ヌルヌルになり、それが気持ち悪くてしょうがなかったんですが
いつしか、「あのワカメのヌルヌルがたまらなくいい~!」と思うように
なりました。

ちなみにありえない味噌汁の組み合わせは、ネギとワカメ。
ネギのシャキシャキ感とワカメのヌルヌル感の取り合わせがミスマッチです。
アサリとワカメも苦手だったなぁ・・・。

皆さんのMY味噌汁、最強の組み合わせと最悪の組み合わせは
何でしょうか・・・?
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-17 18:45

副キャプテン決定!

先週の土曜日、少年野球の練習があり、そこでキャプテン・副キャプテン
が決まりました。
キャプテンは頭脳明晰・判断的確のKY君。キャプテン代行は1年から
ずっと少年野球団に所属していて、4番でピッチャー、運動神経抜群
性格は優しく誰にでも慕われるHY君が任命されました。
そして、副キャプテンには、なんとうちの長男Rが大抜擢!
これはニュースです。
日曜日、少年野球の練習に行きました。
そこで、思ったのはキャプテンがいるのといないのではこんなに
チームの雰囲気が変わるのか・・・ということでした。
みんなが声を出して、いい練習風景でしたよ。

少年野球をやっていて、気がついたんですけど、
長男Rって性格が私にそっくりなんですねぇ。
顔は、父親・母親のどちらにも似ておらず「この子はだれに似たんだろう?」
と夫婦で話し合っていたんですけど・・・。
奴のガッツは私のガッツであり、奴の優しさは私の優しさ、奴の小心者ぶりは私の小心
者ぶりなのです。本当にそっくりです。

子供ができてからというもの「自分の子供の顔・性格が俺に
そっくりだったら嫌だなぁ。」
と考えていましたけど、そんなことはなかった・・・。
「自分の人生を突き進め我が分身!おとうさんは全力で応援するぞ!」
そんな感じですね。
さてさて、来年は次男が少年野球団に入団します。
次男の性格は父親・母親どっちに似ているのかな?今から楽しみですね。
今のところは顔・性格ともに母親に似ていると思うのですけど・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-16 22:45

男の保育園、送り迎え

今年になって、毎日保育園に次男を送り迎えにするようになって、
結構おとうさんが子供を送りにきたり、迎えにきたりすることに気がつきました。
昔、長男Rを保育園に送り迎えしているときは、男の人が保育園の
送り迎えをすることは、珍しいことだったよ・・・。
9年もたつと時代は変わるのですなぁ。
男は家事・育児にかかわることで、「家庭内における地位が上がる。」
というのが私の持論なのでめでたいことです。

しかし、昔2~3歳だった長男をベビーカーに乗せて、池袋駅から
JR山手線に乗り込んだときには、たまげたよ。
(その日は、嫁さんは仕事、長男を連れて渋谷で待ち合わせの予定だったんですよ)
電車に乗ったときは、乗客全員がこっちのほうを不審の目で見たよ。
「なんで、この男、おかあさん抜きで赤ちゃんと電車に乗ってくるのだ?」
そんな、冷たい目でしたね。

そのとき、長男に向かって「おとうさん、これからお母さんの実家に行って
一生懸命謝るからね。Rくん、お母さんが帰ってきてくれるように、
おとうさんがんばるからね。」と言えば、乗客の皆さんは納得してくれた
のかなぁ?

今はJR山手線におとうさんと赤ちゃんだけで乗り込むとどうなるんでしょうねぇ?
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-13 20:10

福島県のこと

福島県には釣りやらスキーやらテニス旅行で色々とお世話になりました。
福島県は観光地観光地してないところが多くて、とてもいいところです。
そして、おそばがおいしいのよ~。桧枝岐で食べた、たち蕎麦大好きです。
また、食べたいなぁ。スキー旅行で泊まった民宿のおばちゃんがサービスで
ゆでてくれたザル蕎麦もおいしかったなぁ・・・。
おばちゃんとてもいい人で、頼みもしないのにご馳走をどんどん持ってきて
くれたり、自宅のカラオケを「使いなよぉ。」といって使わせてくれたり
しました。いつか、また行きたいな・・・。
もっとも地元の人にとっては「ふん、たまに来るからいいんだよ。ずぅーっと
住めば俺達の苦労もわかるさ。」と言いたくなるかもしれませんが。
怒ったら、すみません。頭を下げて謝ります。
でも、福島県は私にとって好感度の高い県なのです。

ところで、福島県の人って戊辰戦争のことをいまだに、忘れていない人が
いるのですね。
これは、福島県人のなかでもコアな人に限定されるのでしょうが・・・。
嫁さんとお昼ご飯を食べに入った蕎麦屋。白虎隊切腹の絵を飾ってました。
それも、畳2枚分くらいのでっかい絵でした。薩摩・長州に対する怨念を
見たような気がしましたよ。
そして、泊まったホテルで宿帳に住所を書いているときに
「もし、私がここに山口県出身って書いたら、どうなるんですか?」
とふざけてフロントマン(推定40代)にたずねたところ
「それは冗談でもやめたほうがいいですね」
と切り替えしてきました。
ひーっ!この人、顔がマジだよ。目が笑ってないよ。この目は獲物を狙う
ケモノの目だよ。

もし仮に私が本当に山口県出身で、宿帳に山口県って書いたら、どんな
仕打ちを受けるんだろう・・・?
考えただけで、マジ恐ろしいですね。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-11 10:22

おろしたての雑巾

昨日から小学新1年生達が、学校に通うようになりました。
不安と期待の入り混じった実にいい表情をしております。
はなはだ失礼な表現ですが、新1年生を見るとおろしたての雑巾を頭に思い浮かべずにはいられません。真っ白でピカピカの雑巾を・・・。
でも、雑巾はこぼれた牛乳や醤油を拭くのに使われ、何度も洗われて少しずつ汚れて、くたびれてゆくのです。

長男も初めて小学校に行く日はピカピカに光り輝いていたよ。
いまは、小学4年生。少し、くすんで見えます。でも、まだまだ大丈夫。つらいこともあるけど、おおむね楽しく学校生活を送っているみたいです。

時々、小学高学年で「こいつ、どうしちゃたんだろう?」と思わず心配したくなるぐらい疲れて無表情の子供がいます。あれって気になりますね~。
学校でいったい何があったんだろう・・・?
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-10 16:50

変なトラックバック

最近、全然こなくなりましたけど、ひところ変なトラックバックが一杯きて迷惑でしたね~。大体内容はみな同じ。

1.私は年頃の女の子もしくは若妻です。
2.彼氏がいなくて、もしくは旦那が相手をしてくれなくて寂しいです。
3.誰か私と付き合ってください。
4.できれば大人の関係になりたいなぁ。
5.メールを送ってね。

こんな感じです。メールを送ろうとするとあなたの名前とメールアドレスを記入してコメントを送ってくださいという画面が出てきます。それでメールを送ると出会い系サイトにメールアドレスが知れて、出会い系サイトから迷惑メールがどっさりくる・・・。そういう仕組みになっています。なんで、そこまで知っているかと言うと私、真に受けてメールを送ってしまったんですね~。
「私は結婚していて、子供が2人います。幸せな家庭生活を送っています。そして妻のことをものすごく好きなので、その気はありません。ほかをあたってください。」と返事をしてしまったんですよ。馬鹿ですなぁ・・・。おかげで毎日80~100件近くの迷惑メールを削除する羽目になりました。
ほっときゃよかったです。後悔してます。

ちなみにトラックバックのなかで一番腹が立ったのがアモーレ高岡というバカたれです。
内容はこんな感じです。(ちなみにこいつはこの手のトラックバックの中では、めずらしく男です。)

おう!俺だ。アモーレ高岡だ!
お前ら女を喰っているか。俺は今週2人、女を喰ったぞ。
世の中の男には2種類の男がいる。
「女を喰っている男」と「喰っていない男だ。」
おまえら女を喰わないでいいのか。
それじゃ人生、さみしいぞ!
人生変えたきゃマッチを使え。
あれは成功率が高いぞ。
おまえらもマッチを使ってバンバン女を喰いまくれ!

マッチってなにかというとマッチという名の出会いサイトなんですね。早い話が出会い系サイトの宣伝なんですなぁ。
しかし、見ず知らずのお前に、高飛車な態度で説教なんか食らいたくねぇつーの。
ふざけんなアモーレ高岡。死にやがれ。

ずっとトラックバック張られ続けているうちに、書いている人間は実在せず、業者が誰かを雇って作らせていることに気がつきました。まあ、業者の皆さんも商売熱心なことで、ご苦労様です。

迷惑トラックバックはある日を境にパタリと来なくなりました。はぁ~、うれしい限りです。もう、2度と来んなよなぁ。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-04-08 11:51