excitemusic

子育て 主夫 料理 日常 共働き
by akira-turibaka
ICELANDia
メモ帳
本家・釣り&子育てサイト↓
岩魚がつれないなぁ

(主夫オフ会メンバー これからどんどん増やしましょう!)
最強!主夫漫画ブログ↓
カタルエ
ギターの弾ける主夫!曲も作れる!うらやましい↓
力を抜いて(ギター修行日記・育休編)
ここにも主夫料理ブログが!! ↓
専業主夫・しゅうちゃんのブログ

27歳。主夫会の新鋭↓ 
27歳。子供3人、妻1人。

(子育て父ブログ関連)
脱サラして漁師に!漁師いいなぁ。大変そうだけど。料理上手と見ました。
脱サラきんちゃく漁師のブログ


料理ブログ
RIN*さんの作る美味しそうなアジア料理のブログ。教室もやってます!
料理教室カフェソイ★アジア

(過激スポーツブログ関連)
山を駆け抜ける鉄人トレイルランナー・ナオキさんのブログ↓
山ヤ系初心者トレイルランナー&子育てパパ「ナオキ」


恐るべき武闘派・登山集団。ここまでやる40代男性は日本では滅多にいない。尊敬あるのみ。↓
へべれけ登山隊のブログ


カテゴリーは3つ登録しております。
もはや、カテゴリー不明。ワシって何者?
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ふたりジェンガ
from PoweredTEXT
ライフログ
カテゴリ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

まだ食べられる

なんだか最近、賞味期限をごまかしている食品会社が摘発されて世間を騒がせていますなぁ。
たしかに嘘をつくのはいかんのでしょうが、「まだ食べられるものを賞味期限が切れたからこれは捨ててしまえというのもいかがなものか?」と個人的には思います。
賞味期限切れのお菓子を食べて倒れる人が続発するならば、問題ですけど、そんな話はないですもんねぇ。あれはまだ食べられるんですよ。地球上にご飯が食べられなくて困っている人が、8億人いると聞いたことがありました。賞味期限が切れた食べ物を捨てるのは、「ご飯を食べられなくて困っている人に対してかなり失礼な行為では?」と愚考するしだいであります。
私の母親は、食べ物のにおいをかいだり、少し食べてみたりして「うん、これはまだ大丈夫」とか「これは腐っている」とか自分で判断して食卓に乗せていました。
賞味期限を信用せずに自分の舌で、「これは食べられる食べられない」を決めるというスタンスでいいんでないの?と思うしだいです。
ちなみに、この前「賞味期限2005年8月」という練りゴマを使って料理を作りましたけど、家族の身になにも起きませんでした。もちろん、自分で少し味見して問題ないと判断した上で使ったんですが・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-10-30 21:06

左手

今日、ふと「左手ってずるいよな。」と思いました。
なんでかって言うとですね。右手は日々身を粉にして労働に従事しているのに
左手はなんにもしないじゃないですか。(私の利き手は右です)

たとえば食事のとき右手は箸を持ち、せっせと食べものを口に運ぶ作業を
行っているというのにですね。左手はテーブルの上に載っているだけなんですよ!
毎日、一生懸命働く庶民の右手と、何もしないで楽ばかり
している特権階級の左手。この差を許していいものなのか?いえ、許しては
いけません!
格差社会が問題となっている今日この頃、近々民主党が国会で右手と
左手の格差を厳しく追及するらしい・・・そんなわけはないですね。

ところが最近、私の左手に変化がおきました。
仕事で左手をとても使うようになったんですね~。働いている間は、
ずぅーっと左手で物を持ちっぱなしです。。
哀れ、やんごとなき身分であった左手は、今はただの庶民に身を落とし、
右手と一緒になれない労働を一生懸命やっています。
でも右手は「おおっ、42年めにして左手のやつも、俺と同じ立場になったか!」と
言って、とても喜んでいるみたいです。(本当か?)

で、なれない肉体労働を行うようになった左手はどうなったか
というと、体を壊しました。ここんところ左手の関節が痛くてしょうが
ないんですね。やっぱり生まれてからずっと、のんきに暮らしていただけ
あってやわですな~。
左手は肉体労働向きではないようです。じゃあ頭を使う仕事はどうなのか
というと彼には脳みそがないのでそれも無理なようです。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-10-15 22:36

小さな幸せ

なんとなく外に出てマンション(私はマンションに暮らしているのですね)の踊り場から表の景色を眺めていたときに、突然となりの家から、子供の明るい声がドア越しに聞こえてきました。
そのとき「ああ、ここにも幸せがあるんだなぁ」としみじみ思いました。

となりのうちのドアの内側には、我が家とは形が違うかもしれないけど、確かに幸せが詰まっている・・・。そう思うとちょっといい気分になりました。

パンクロックばっかり聞いて世間をひねくれた視線で見ることしか考えていなかった自分がよくもここまで素直な目線を獲得したものだ。とも思いましたね~。家族は自分を成長させてくれましたなぁ。ありがたいことです。(ちなみにパンクロックはいまでも好きですが)

幸せは大きいより小さいほうがよい。と思います。(根拠はないですけど)ローソクの火のようにゆらゆらと揺れながら、ささやかにあたりを照らす・・・。大きすぎると幸せであることを忘れちゃいそうで、怖いですね~。小さな幸せが長く続くのが一番いいですなぁ。(あくまでも根拠はない)
[PR]
by akira-turibaka | 2007-10-14 20:13

炸裂、いい加減料理

あいかわらず、おもいつくまま適当に晩御飯を作っています。
「ごめん、まずいでしょ?」
「ううん、そんなことないよ。おいしいよ。」
といって食べてくれる嫁さんをみるにつけ
「ああ、こんな変なものを嫌がらずに食べてくれる家族って本当に
ありがたいなぁ」と心底感謝する限りです。
そんななか嫁さんが喜んでくれた2品を紹介します。

冷奴刻み福神漬け

冷奴の上に細かく刻んだ福神漬けを乗せる。
それだけです。つぶした山椒の実をかけたら嫁さんは喜んで食べていました。
福神漬けは赤く染めていないものを使用。
私はいりゴマを乗せたほうがおいしいと思いました。

きのこサラダ
1 きのこ(しめじ)をごま油でいためて、しんなりしたらひき肉を入れる。

2 ひき肉の赤みが取れたら和風ドレッシング(ごま油を使うためノンオイルタイプ)
を入れる。

3 和風ドレッシングが煮立ったら、鰹節粉をいれて火を止める。

4 和風ドレッシングの熱が取れたらサラダにかけてまぜる。

サラダはレタスではなくサニーレタスを使いました。レタスだと淡白すぎて
ドレッシングに負けてしまうような気がしたんですね。すこしくせのある
サニーレタスのほうがドレッシングの味の負けないでは?と思いました。
これも比較的好評でした。

思いつきで適当に作ったものが喜ばれるととてもうれしいものですが、
最近、もう一度基本に戻ってきちんと作ろうと考えております。
最近、やることが適当すぎて自分でもこれじゃいくらなんでも・・・。と思っています。
本気で料理学校行ってみたいっすね~。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-10-07 18:07

開放感

昔、村上春樹さんの朝日村上堂というエッセイ本で、家で家事をするときに
裸でする人がいると書いてあったのを思い出しました。
世の中には変なことをする人がいるものですね。

ツールドフランス(ロードレーサーでフランス中を駆け巡り、
優劣を決める自転車競技があるんですよ。アルプス越えのステージは
圧巻です。皆さんすでに知っていると思いますが・・・)のドキュメンタリー
を見ていたとき、選手たちは全裸でマッサージを受けているシーンが
ありました。
そのほうがリラックスできるとテレビでは解説しておりました。

全裸でいると開放感があってたまらんのでしょうな。
そういう私も実は全裸であることをしています。(おふろでありません)
それは、トイレで全裸になるということです。
もちろん小じゃなくて大のときです。トイレのなかで洋服を脱ぎ全裸でする大の
開放感はなかなか爽快なものです。
あれはお勧めですね~。トイレなら裸になっても誰にも分からんし、
迷惑もかけませんもんね。皆さんも、ぜひやってみってください。
えっ?やりたくない?うーん、まあそうだろうなぁ・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-10-06 12:22

石油

2020年になると石油が枯渇するという記事を新聞で見ました。
たぶん、どの自動車メーカーがハイブリッドカーの開発に躍起になったり
国が石油に代わるエネルギーを探しているところを見ると、本当のこと
なんだと思います。
自動車メーカーにとって石油がなくなるということは致命的ですもんね。
ついでに、世界の国々集まってが地球温暖化会議を開き、なんとか食い止め
ようとしているところから、地球温暖化時代も確実にやってくるんだと思います。
事実だからこそ、利害を超えて会議にあれだけの国があつまるんだと思います。
北極には昔氷があったと語られるのもそう遠い先の話ではないのでしょう。

昔、テレビであなたの部屋から石油からできた製品をすべて持ち運びます。
というのをみたのですが、結果はきれいさっぱり部屋からは物がなくなりました。
まるで、人が住んでいない部屋状態になっていました。
これは私たちの生活はほとんど石油に依存しているということを物語って
いるわけで、その石油が枯渇するということは物凄く大変なことなんでしょうね。
スーパーからほとんど売り物が消えるんだろうなぁ。
売っていたとしても、原料代が高くなるから、物凄く高い物になるんでしょうね。
フロオケ一個¥5.000-とかね。食べ物も手に入りにくくなるんでしょう。
いままで当たり前のように食べていたものもご馳走になるんだろうなぁ。

でも人間どんな悲惨な環境下におかれても、笑顔さえ忘れなければ
なんとか楽しく暮らしてゆけると私は信じているので、比較的その事実に
対して楽観的です。
楽しく暮らしてゆけるすべを、地域のみんなで考えて助け合ってゆけば
案外、面白おかしく暮らしてゆけるのでは?とも思っております。
[PR]
by akira-turibaka | 2007-10-06 12:05