excitemusic

子育て 主夫 料理 日常 共働き
by akira-turibaka
ICELANDia
メモ帳
本家・釣り&子育てサイト↓
岩魚がつれないなぁ

(主夫オフ会メンバー これからどんどん増やしましょう!)
最強!主夫漫画ブログ↓
カタルエ
ギターの弾ける主夫!曲も作れる!うらやましい↓
力を抜いて(ギター修行日記・育休編)
ここにも主夫料理ブログが!! ↓
専業主夫・しゅうちゃんのブログ

27歳。主夫会の新鋭↓ 
27歳。子供3人、妻1人。

(子育て父ブログ関連)
脱サラして漁師に!漁師いいなぁ。大変そうだけど。料理上手と見ました。
脱サラきんちゃく漁師のブログ


料理ブログ
RIN*さんの作る美味しそうなアジア料理のブログ。教室もやってます!
料理教室カフェソイ★アジア

(過激スポーツブログ関連)
山を駆け抜ける鉄人トレイルランナー・ナオキさんのブログ↓
山ヤ系初心者トレイルランナー&子育てパパ「ナオキ」


恐るべき武闘派・登山集団。ここまでやる40代男性は日本では滅多にいない。尊敬あるのみ。↓
へべれけ登山隊のブログ


カテゴリーは3つ登録しております。
もはや、カテゴリー不明。ワシって何者?
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ふたりジェンガ
from PoweredTEXT
ライフログ
カテゴリ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日の晩御飯

最近、次男が少年野球チームに仮入部しました。
まだ、小学生じゃないちゅうに(保育園児です)一日中野球やっていてよく飽きないよなぁ。と感心します。

やつは遠投測定で、なんと小学2年生よりも遠くへボールを投げました。
投げる前にそれぞれ「何年何組の○○です」と学年と名前を名乗ってからボールを投げるのですが、次男は「カブトムシ組のWです!いきます!」と叫んで、回りの笑いを誘っていました。しかし、わが子ながら恐るべき体力です。
思うに子供のころからなんでもよく食べたのが、よかったみたいです。
ホントよく食べたもんなぁ。(最近、ご飯を2杯食べます)
たぶんその辺の大人の女の人より食べますね~。
長男の野球センスはなかなかのものなのですけど、体力がない・・・。彼は子供のころから食が細くてね~。(もっともぜんそくという持病を持っているハンデがありますが)人間やっぱりバランスよく、たくさん食べるのがよいんですなぁ。長男は野球のコーチに「R。おまえはどんぶり飯を2杯食え。」といわれています。スポーツ選手は食べることもトレーニングの一部のようです。

私が晩御飯を作るようになって、気をつけているのは子供に野菜をたくさん食べさせることです。ちなみにおとといの献立は、サツマイモの味噌汁。ほうれん草とジャガイモのグラタン。レタスとにんじんときゅうりに鶏肉たくさん(鶏肉400g使用)のおかずサラダ。昨日の献立はサツマイモと麩の味噌汁。たまねぎのにんにくオムレツ(たまねぎをたっぷりのオリーブオイルで15~20分いためる。にんにくを入れてにんにくに火が通ったら、牛乳を大匙1~2杯と塩を入れた卵を流し込んで焼くだけという簡単な料理ですが、これがなかなかうまいのよ~。たまねぎのほのかな甘みがいいんですよ~。)ぶりの照り焼きでした。

ちなみに味噌汁っていいですよね。簡単にできて野菜がたっぷりとれます。味噌汁に煮物を作るとすぐに5種類くらいの野菜が取れちゃいますもんね。楽です。
さて今日は焼肉手巻き寿司(豚肉の味噌いためと牛肉の甘辛ゴマ炒めと鶏肉の塩焼きを用意。それをサニーレタスに乗せてご飯ときゅうり・にんじんを乗せて巻いて食べる)となすのチリソースにでもしますか・・・。それともテンプラにするかなぁ?
[PR]
by akira-turibaka | 2008-01-31 09:17

無駄

主夫をやるようになってから、日々の生活における無駄がずいぶん目に付くようになりました。スーパーのビニールの買い物袋にしろ、肉や魚を入れておく発泡スチロールのトレーにしろ「これは無駄だ」と思えてしょうがないんですね~。
お惣菜コーナーにいたっては「この食べ物は、売れないと捨てられちゃうんだ」と思うと胸が痛くて素通りできないですね。見ないようにしています。
マクドナルドは賞味期限を過ぎたサラダを売っていて「どうもすみません」と世間に対してあやりましたが、私に言わせれば、お前らなんでまだ食べられるものを捨ててしまうことを謝らないだ?といいたいです。たしかマクドナルドってハンバーガーが何時間か過ぎるとそれが食べられるものでも捨てちゃうんですよね。私はそっちのほうが社会的に問題にすべきだと思うのですが・・・。食べ物に対してすごく失礼ですよね。賞味期限なんて消費者がおのおのの目と舌で判断すべきで、企業が決めることなのか?と思いますが。前にも書きましたが、お袋は危なげな食材を。、少しなめたりかじったりして「うん、これは食べられる」とか「これは駄目だ」とか決めて料理していたのを見て育った人間としては、「その食べ物が食べられる食べられない。そんなことも自分でわからんのか?」と思わないでもないです。まあ、本当に腐っちゃったものをうったりするとそれはかなり問題なんですけど。でも私が子供のころって、腐ってるものでもお店で平気で売ってたよなぁ。(お店には悪気はなかったんだろうけど)


とはいうものの私も主夫を始めたときはずいぶん無駄なことをしていました。冷蔵庫に食べものがたくさんないと不安でしょうがなかったんですね。貯金と同じです。ずいぶん、せっせと買い物をしては冷蔵庫にいれて、腐らせはしませんでしたが、使いもしない食材を何ヶ月も寝かせていました。現代はすぐに食べたいものが手に入る世の中なので、冷蔵庫なんてスカスカでもなんの問題もないし、そのほうが新鮮なものが食べられていいのだ。と思うようになったのは最近のことです。

でもこんな便利な世の中もあといつもで続くのか?今年はいろんな食べ物の値段が上がるみたいですけど、もうすぐ飢餓の時代がやってくる。今年はその始まりをつげる年なのだと思うのは私だけなのでしょうか?できることなら私の偏屈な考えだけですむといいのですけど・・・。
[PR]
by akira-turibaka | 2008-01-26 22:41

友達

この前、大学時代の友達に会いました。
何年ぶりなんだろう?とても、懐かしかったです。
彼は年収がウン万円のいわゆる勝ち組に属する人で、どっかの支店長かなんかをしているんですが、あんまり幸せそうじゃありませんでした。幸せそうじゃないというのは語弊があるかもしれません。大変そうといったほうがいいのかもしれません。本当に仕事が大変そうでした。
友達は「もう、これからは自分のペースで働かせてもらうよ。」といっており会社に自分の生まれ故郷に戻ることを申請。それが認められ、今年の春には故郷にもどってそこでサラリーマンをすることになるそうです。よかったよかった。

とかく世間では年収の高い人が勝ち組・低い人は負け組と色分けしたがりますが、年収で勝ち負けが決まるわけではないんですなぁとつくづく思いました。(もっとも、生活できないレベルの年収では困るでしょうけど・・・)友達の高収入は、彼いわく「別に好きでこうなったわけじゃなくて、必死に働いていたらこうなっていたんだよ・・・。」だそうです。二人でだした結論は「へんに責任のあるポジションについて高収入を得るより、普通の収入でヒラのサラリーマンをやっているほうがよっぽどよい。」でした。
私も前職で少し管理職まがいのことはしましたが、管理職ってホント大変です。

友達の彼に対しては、これからの人生、仕事だけではなくなにかプラスアルファのある生活を営んで行けるといいなぁと思いました。ただ、人間的には彼はとても成長していましたねぇ。日々、困難な事態に直面しながらも切り抜けている人間が持つことのできる余裕というか、人格の幅の広さというかそんなものが全身からにじみ出ていました。彼が見た俺はどうだったんだろうなぁ?まあ、「こいつ相変わらず変わんないなぁ」と思われたんだろうな・・・。まあ、自分としては現状、幸せだからいいんだけどさ。
[PR]
by akira-turibaka | 2008-01-26 10:47

国会

国会で補給支援特別措置法が成立したらしいですね。
しばらく国会が空転しているとか空白だとか騒いでいて、再開したら一番大事なことが
自衛隊がアメリカ軍のためにインド洋で給油をするための法案なんだもんなぁ・・・。
日本って国は国というよりはアメリカに自治権を与えられた植民地だと思っているので
まあ、そんなもんかな?とも思いますが、「わしらの暮らしよりアメリカ軍の方が大事なのかよ~」とかなり頭にもきますねぇ。
もっとも私の知識は新聞やテレビで得たものなので、本当は国会ではほかの議論も活発に行われたのかも知れませんけど・・・。そうあって欲しいものですが・・・。
しかし、政治家ってのはどっちをみて政治をしているのかが、なんとなくわかりますなぁ。少なくともこっちのほうを見てくれてはいないような気がします。

昔、私は仕事のミスで政治家にひどい目に会わされたことがありましてね~。あんまりやつらのことは信用していないんですよ。気が向いたらその話をUPしますね。
[PR]
by akira-turibaka | 2008-01-12 21:06

煩悩

去年の夏から、困ったというか年を取ったというか、なんと申し上げていいのかわからんのですけど、女の人の裸をみても興奮しない自分がいて「うーん・・・ついにきたか。」って感じですね。
性欲というものが、まったくなくなっちゃたんですね。初めてそれを体験したときはショックのあまり「おれ、エロDVDを見ても興奮しなくなっちゃたんだよ~。」と嫁さんに相談しちゃいましたよ。(そんなこと嫁さんに相談するのもどうかと思いますが・・・)
嫁さんは「そんなの見すぎでしょ」とつれない返事をしておりました。(当然のリアクションだとは思います)

まあ、なくなっちゃたもんはしょうがないです。バイアグラとかに頼る人もいるみたいですけど、私はそこまでして取り戻す気もないし、別段生活に支障もきたさないのでほっといています。
ああ、これでひとつ煩悩がへったなぁ。ってところでしょうか?人間、そうやって年をとるごとに性欲とか金欲とか名声を得たいとかいろんな煩悩をひとつずつ捨ててゆくといい感じに枯れたお年寄りになれるのでは?とも思っているのでめでたいことだとも感じております。なんかへんな煩悩を抱え込んだまま年をとると、困った年寄りになっちゃいそうでね~。
[PR]
by akira-turibaka | 2008-01-10 10:30

自転車

私は日々バイトでオートバイに乗っております。
昔、小説家の丸山健二さんが「オートバイは自由を感じることができる乗り物だ。」
みたいなことをエッセイに書いているのを読んでいたので(丸山健二さんは当時オフロードバイクをこよなく愛していました。今は庭つくりに凝っているみたいです)、初めてオートバイに乗ったときはかなりの期待をこめてまたがったものでした。
結果は・・・「つまらん!」というものでした。

ちょっと、右手を回しただけで時速50kmも出る乗り物なんて横着すぎません?
人間やっぱり額に汗しないと・・・。
じゃあ、お前どんな乗り物が好きなの?ときかれたら私は胸を張って「自転車が好きです。」と答えるでしょう。自転車こそが私にとって自由を感じることが出来る唯一絶対の乗り物なのです。
自転車は一生懸命漕いだ分だけ前に進んでゆくというのがいいですね~。報酬系の乗り物とでもいいましょうか?馬はどんなに走っても目の前にぶら下がったニンジンを決して食べることはできませんが、自転車はニンジンを常に食べ続けて前に進むことができるんですよ!

・・・わけのわからないたとえを持ち出してしまって申し訳ありません。
というわけで私は自転車にまたがって街をフラフラと流してゆくのが大好きです。自由を感じますね~。重たいヘルメットをかぶらなくていいし、一方通行を気にすることもないし、周りの景色をながめながら走っていても事故を起こす心配もないし(ゆっくり走ればの条件付です)、その気になれば30kmくらいのスピードも出せるし(私はママチャリでロードレーサーに追いつき追い越した経験あり)、もう最高ですよ。

20世紀最大の発明は自動車とインスタントラーメンとあとなんだったか忘れちゃいましたけど、そこになぜ自転車が入らないの?と私は不思議でなりません。あれだけ、人力を最大に引き出しつつ、エコで、楽しい乗り物はないですよ。
現在、ママチャリで那須に住んでいる会社の先輩の家まで遊びに行く。というのが私の目標であります。(ちなみに嫁さんにやめろと言われています)
[PR]
by akira-turibaka | 2008-01-10 09:51

垂直移動

1/6に家族で恵比寿ガーデンプレスに行ってきました。
なかなか、面白かったです。ビアガーデンのカレースープはとてもおいしかったです。
もう一度、あれを食べに行きたいと思っております。それと麦酒博物館でギネスビールが250円で飲めるんですよ。ギネスが250円!驚きの安さです。
難点は出来たてで、まだきれい過ぎるところですね。天井から壁から床にいたるまで
すべてがぴかぴかです。あんまり、きれい過ぎるとなんか落ち着かないです。まあ、もう少しすると適度に煤けてきていい味が出てくるんでしょうね。

ガーデンプレス内には三越があり、私はまっしぐらにデパ地下へ突入しました。
思ったよりも庶民的なものがおいてあり、「ふーん、三越のデパ地下にしてはたいしたことはないな」と思ったのですが、考えてみたら、ここはガーデンプレスに住んでいる人が日々買い物に来るスーパーなんですな。相場は板橋のスーパーの100円増しぐらいでした。目の玉が飛び出るほど物価が高いという感じではなかったです。
でもすごいですよね。毎日三越で食材を購入する生活って・・・。

で、やっと本題に入ります。ガーデンプレスの建物のなかにあるエレベーターで38階まで上って思ったんですけど、私たちって水平に移動する旅行はしますが、垂直に移動する旅行ってあんまりしませんよね。というか、ひたすら垂直に移動するための乗り物って皆無に近いのでは?そうやって考えてみるとエレベーターってかなり珍しい乗り物なのかもしれません。スペースシャトルで宇宙に旅行!という旅が、垂直に移動する旅行にかなり近いものがありますが、私に言わせるとまだまだ甘いです。
ひたすら、上へ上へと昇り続けないと・・・。そして、月あたりまで行って、引き返してくる。そのくらいやらないと垂直の旅とは言わないですよ。もしくは海をひたすら潜水艇で下へ下へともぐり続ける。8000mまで潜って、そして浮上する。それもまたマイナス垂直ですが、垂直の旅といえるでしょう。
「うーん、垂直の旅。垂直の旅。」と考え込んだところ、ひとつ垂直に移動する行為を発見しました。それは岩登りです。あれはひたすら上を目指してまっすぐ昇り続けますもんね。現在行われている垂直の旅ってあのくらいなのかなぁ。しかし、そんな旅行が面白いかどうかは保障しかねます。
[PR]
by akira-turibaka | 2008-01-09 15:01

恋の季節

去年、長男Rの友達が女の子にラブレターをもらったらしいです。
Rの少年野球チームに所属するKくん(3年生)はチョコレートをもらったと言っておりました・・・。
ふーん。今の子って進んでいますねぇ。

では、うちの長男Rはもてるのか?昔、同級生のSちゃんに「うちのRってどう?」
と質問してみたのですが、Sちゃんは「Rは優しすぎるから・・・」と言葉尻を
濁しておりました。とうぜん「Rは優しすぎるから・・・」のあとには「タイプではない」という言葉が続くわけで、「おい、まじかよ。女って怖いよな。」と思ったしだいです。「優しすぎる男はもてない。」という法則は年齢を超えて適用されるのですなぁ。

もっとも、昔、公園でRが遊んでいるのを見つけた女の子2人が「あっ!RだRだよ!住んでいるところとか分かるかなぁ!」と、ときめいているのを目撃したことがありますので、彼もまったく駄目。というわけではないようです。
[PR]
by akira-turibaka | 2008-01-09 14:22