excitemusic

子育て 主夫 料理 日常 共働き
by akira-turibaka
ICELANDia
メモ帳
本家・釣り&子育てサイト↓
岩魚がつれないなぁ

(主夫オフ会メンバー これからどんどん増やしましょう!)
最強!主夫漫画ブログ↓
カタルエ
ギターの弾ける主夫!曲も作れる!うらやましい↓
力を抜いて(ギター修行日記・育休編)
ここにも主夫料理ブログが!! ↓
専業主夫・しゅうちゃんのブログ

27歳。主夫会の新鋭↓ 
27歳。子供3人、妻1人。

(子育て父ブログ関連)
脱サラして漁師に!漁師いいなぁ。大変そうだけど。料理上手と見ました。
脱サラきんちゃく漁師のブログ


料理ブログ
RIN*さんの作る美味しそうなアジア料理のブログ。教室もやってます!
料理教室カフェソイ★アジア

(過激スポーツブログ関連)
山を駆け抜ける鉄人トレイルランナー・ナオキさんのブログ↓
山ヤ系初心者トレイルランナー&子育てパパ「ナオキ」


恐るべき武闘派・登山集団。ここまでやる40代男性は日本では滅多にいない。尊敬あるのみ。↓
へべれけ登山隊のブログ


カテゴリーは3つ登録しております。
もはや、カテゴリー不明。ワシって何者?
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ふたりジェンガ
from PoweredTEXT
ライフログ
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ワシがうつになりまして その2(私見 うつ病とは)

(これは、あくまでも実体験に、もとずく個人的な意見です)

昔、うつ病ってのは「心の風邪」と言われていた時期がありました。その表現は聞かなくなりましたよ。めでたいことです。前にも申し上げたように、そんなにうつ病は呑気な病気ではないです。

健康な人からすると「うつ病ってなんだ?」と分かりかねることが、多々あるでしょう。
医学の世界では、「脳内の物質(セロトニン)が不足することによって起きる」などと、ある程度、原因が、解明されているようです。しかし!そんな説明では、健康な皆さんには分からないですよね。

そこで、ワシが誰にでもわかるように、うつ病のレクチャーをいたしましょう。

乱暴に言い切りますね。うつ病は、メダパニ病です!
ドラゴンクエストをやった人なら、わかるかと思いますが、この魔法(メダパニ)にかかると、パーティ全員は混乱し、プレイヤーが指示を出しても、全員が勝手な行動をして、魔物にやられてしまうという、極めて厄介な状況に陥ります。自分の実体験を振り返ると、メダパニにかかった人。これが、うつ病を何かにたとえるならば、一番近いかと思うんですよ。

「心の風邪」というよりは、頭が混乱して、どんどん勝手に変な命令・判断が出てきて、まともな行動ができなくなる。といった方が正確かと思います。

で、「うつ病は心の風邪」という意見に否定的な姿勢を示して、たとえに風邪を出して申し訳ない。
風邪って、お腹の風邪・のどの風邪・熱が出る風邪等々、いろんな種類があります。それらを総称して風邪というカテゴリーでくくっておりますが、うつ病もおんなじかも。おそらく、いろんな種類のうつ病があるのでは?と思います(実際、いろんな種類のうつ病があるみたいですよね)

これは、うつはわがまま病というブログを見ていて、「えっ。これってうつ病なの???」などと思いながら見ているうちに、思い至った次第です。

ここからは完全に推測の域をでないので恐縮ですが、うつ病にかかった人間のベースとなる人格が、誤った指示の種類を決定するのではないか?と、これまたおぼろげながらに、考えております。

ワシは自己評価とプライドの低いタイプの人間(パンク教信者は自分を信じない)だったので、混乱は自分に向かいましたけれども(極めてベーシックなうつ病ですね)、自己評価・プライドの高いひとは、混乱が暴力・暴言という形をとって他者に向かうのかも・・・

断言はできません。あくまでも憶測です。しかし、その人の持っている人格というものが、うつ病と非常に密接な関係にあるのでは?と自分のケースを振り返ると、考えざるを得ませんな。

しかし、カフェさん、非難中傷を受けつつも、よくブログをやってるよなぁ。ブログは義務ではないので、精神を病まない程度に、運営してつかあさい。と願っております。
[PR]
by akira-turibaka | 2011-10-29 22:38 | ゲートキーパー

護る・見守る

先日、授業で農業の勉強をするため、畑に行ってまいりました。
草むしりをしましたよ。草むしり、それは大地との綱引きでした。
こっちは、なんとか草を引っこ抜こうとするし、草は草で、そうは
させまいと、地面に根を張って頑張っているし。
大地との綱引き大会。1時間近くやると、なかなかハードですな。

護るー守るー見守るー見るー分かれる
そう言われても、いきなりなんだよ。と皆さん思われるでしょう。

1.護る(全面的にバックアップ)=我が子の乳児・幼児時代

2.守る(ある程度自主性を持たせつつ、バックアップ)=我が子の小学校時代

3.見守る(見ていて、問題がありそうな時だけバックアップ)=我が子の中学・高校時代

4.見る(基本的にやっていることを把握しているだけ)=大学・社会人デビュー時

5.分かれる(親子の別れの時)=社会人としてやってゆけるようになった時

ワシは親として子供に対して、そんな塩梅に接してゆきたいと思って
おります。

最初はすべて、全面的に支援。その後、徐々に支援を減らしてゆき、最期は
子供の独立を見届けたいと願っておりますよ。

長男は今や、見守り状態。なかなか、その作業は難しいですな。手も口も出さずに、
何かを聞かれたとき・どうもこれは困ったいるのでは?というときだけアドバイスするように
心がけております・・・
人間関係は親子といえども、年とともに変化するとは思いますが、見守るは、まだるっこしいですよ。

いつまでたっても、護る・守るでは、将来困った大人になってしまうので、
辛抱しておりますよ。
[PR]
by akira-turibaka | 2011-10-29 00:29

子供を叱る人

この前、電車で、子供を叱りつける親を見たですよ。

「あなたは、遊び遊びって、遊んでばかりで、勉強しない。いつ勉強するですか!1週間、毎日毎日、遊んで遊んで、いつ勉強するですか!」(中国の方だったようです)
とそんな有様で、小学校6年生とおぼしき子供を、叱り続けること、15分。あれだけ怒りが、持続する人って初めて見たかも。

(そういえば、ワシのおふくろの怒り航続距離も長かったなぁ。どっちが長時間怒り続けられるか、8耐みたいにガチで勝負させてみたい気もします。8時間激怒耐久レース。略して8努。)

子供は遊ぶのも勉強のうちと思うのですけれども・・・
ワシが間違っているのか?

話は変わって、長男が戦国無双なるテレビゲームに、はまって、家にいる間はずぅーっと戦国無双をやっております。困ったもんだ。遊ぶのはいいのだが、たまには勉強もさせてはいかがか?と思います。

家で、ずーぅっと勉強されたら、それはそれで気味が悪いんだろうなぁ。
[PR]
by akira-turibaka | 2011-10-23 21:34

ワシがうつになりまして その1(はじめに)

「ツレがうつになりまして」(以下、ツレうつと略します。だって題名が長いんだもん)が映画化されましたなぁ。
ハートフルな夫婦の純愛物語だそうで、笑って泣けるそうです。いやいや。

元・うつ病患者(完治したのかは自分でも分からない)として、申し上げますが、こころの病というのは、介護する側からすると、理解しかねるめんどくさい病気なので、そこにハートフルな関係というものは、滅多に生じないですよ。

「ツレうつ」は、つれあいが、うつ病にかかったにもかかわらず、夫婦関係が壊れなかった、むしろ強化されたという極めてレアなケースでございます。その辺を念頭に置きつつ、映画を観賞していただけると幸いです。「これは奇跡の物語なのだ」と。

うつ病は自殺(隣の会社の人は飛び降りた)・失踪(会社の先輩は失踪した)・失業(ワシは会社を辞めた)・離婚・不倫・借金。なんでもありです。「ツレうつ」が、うつ病の啓もう活動に一役買うとは、おもいますけれども、愛する人がうつ病になったら、そんなに呑気にしていられませんよ。と老婆心ながら、忠告いたしますよ。

で、ワシも、うつ病になったけれども、夫婦関係は壊れず、いまのところはなんとかやってます。奇跡の部類にはいるかと思いますよ。せっかく病気になった経験があるんだし、まあ気が向いたら、皆さんに、「うつ病とは何か?」ってことを、自分の経験を踏まえて、お話しできたらなぁ。と思っておる次第です。

(続くかどうかは知らない。だって、忙しいんだもん)
[PR]
by akira-turibaka | 2011-10-21 22:53 | ゲートキーパー

春の海

むーぅ。最近のワシは、日々、料理を作って、学校に行って、家に帰って料理を作って、洗濯をするという暮らしをしております。そこから感じたのは、「家事・育児ってのは、春の海だなぁ。」ということで、家事・育児って、ひねもす、のたりのたりと打ち寄せてきますねぇ。

※(俳句 「春の海 ひねもす のたりのたりかな」 より引用)

のたりのたりと、単調に打ち寄せてくる、波打ち際(朝ごはん作って、掃除して、洗濯して、夕ご飯作っての繰り返し)で、生活を営んでいると、波の作用で、精神が浸食を受けるようです。なかなか、これはこれで疲弊しますな。(これが、主婦の主張する、家事・育児の大変さの正体なのだ。とワシは考えたわけですよ)

もっとも、大波・小波が、ランダムに押し寄せてきたら、精神の疲弊などと言ってる状況ではないわけで、春の海ってのは平和で、いいんだけど。でも、しんどいですね。飽きた・嫌になったというのは、ちょっとニュアンス的に違うのう。しんどいってのも、ちょっと的外れかな・・・・

うまい表現を考えてみます。
[PR]
by akira-turibaka | 2011-10-20 22:54

仏教

子供の頃、「お坊さんになりたい」と、かなり真剣に考えたことがありました。
母親に「あんたは煩悩が多いから無理」と言われて、「そんなもんか」とやめましたけど、この年になって思います。ワシには煩悩は極めて少ない・・・

本当に、ワシは物欲がないです。その代わり、業が深いです。

業とは何ぞや?と問われたら、ワシはこう答えます。
「業というのは、些細なことで、くよくよ悩むことです」と。

お釈迦さまもいい家のボンボンなのに、変なことをずいぶんと考えたよなぁ。生活に不自由していなかったでしょうから、あれこれと、些細なことを考える余裕があったんでしょうな。

お釈迦さまが貧乏人だったら、仏教は全く違う宗教になっていたと思いますよ。

では、ワシにお坊さんができるかというと、それは無理。ワシは右の耳から音を聞くと、背中がすごく痒くなるという極めて、奇妙な体質の持ち主でして、座禅ができん!(やってみたけど、背中が痒くなって、できんのよ)
[PR]
by akira-turibaka | 2011-10-14 22:58

食害ブラザーズの近況

久しぶりの更新です。
学校に行って、子供の世話をして、介護のバイトをしていると、とてもブログまで手が回りません。
ということで、しばらく、このブログは雑草伸び放題。荒れ果てた空き地のような有様になるかと思われます。

色々、書きたいこともあるんだけどさぁ。なんか新聞のコラムみたいな話を書いてもなんだし。
(とはいうものの、どうしても書きたいことがあるので、そのうち書きます)

そういえば、朝日新聞の夕刊に載っていた赤川次郎さんのコラムが終了しました。
題名は三毛猫ホームズの芸術三昧だったかなぁ。

連載当初は芸術についての話だったんですよ。ほのぼの系の。それが、だんだんと政治批判色を帯びてきて、最後は怒り心頭!みたいな感じになっていって・・・

うんうん。次郎さん。その気持ち、分かるよ。暇な人は、本になったら読んでみてください。(たぶんならない。次郎さん、編集部とケンカ別れしたのでは?)

天野祐吉さんも1本、朝日新聞でコラムを担当しておりますが、最近、テンションがだんだん下がってきております。これから、どう変化してゆくのかが楽しみです。(我ながら、すげー嫌な奴だよな)

で話は変わりますね。我が家で飼育している2匹のイナゴ。食害ブラザーズは元気です。被害状況は深刻です。
f0032911_22324844.jpg

これ二人で食べちゃいました。長男は、「食べるのも野球の練習」だそうで、2合飯を土日に食べております。胃袋が拡張されたようで、よく食うわ~

次男はもともと大食の才能があったようで、これまた食べます。長男と3つ年の差があるんですが、食欲さえあれば、年の差なんて関係ない。と長男並みに食べます。人間、年の差なんて関係ない。同じ人間なんだから同等に扱うべきだ、というワシのポリシーで、ご飯も同じ量を与えていたのが、よくなかったかもです。
肥満じゃないから、いいといえば、それまでなんですが。

子供基準で毎晩ご飯を作成しておりますけれども、いささか付き合いかねるところがございます。
たまにはお茶漬けで、晩御飯を済ませたいなぁ。
[PR]
by akira-turibaka | 2011-10-05 19:57