excitemusic

子育て 主夫 料理 日常 共働き
by akira-turibaka
ICELANDia
メモ帳
本家・釣り&子育てサイト↓
岩魚がつれないなぁ

(主夫オフ会メンバー これからどんどん増やしましょう!)
最強!主夫漫画ブログ↓
カタルエ
ギターの弾ける主夫!曲も作れる!うらやましい↓
力を抜いて(ギター修行日記・育休編)
ここにも主夫料理ブログが!! ↓
専業主夫・しゅうちゃんのブログ

27歳。主夫会の新鋭↓ 
27歳。子供3人、妻1人。

(子育て父ブログ関連)
脱サラして漁師に!漁師いいなぁ。大変そうだけど。料理上手と見ました。
脱サラきんちゃく漁師のブログ


料理ブログ
RIN*さんの作る美味しそうなアジア料理のブログ。教室もやってます!
料理教室カフェソイ★アジア

(過激スポーツブログ関連)
山を駆け抜ける鉄人トレイルランナー・ナオキさんのブログ↓
山ヤ系初心者トレイルランナー&子育てパパ「ナオキ」


恐るべき武闘派・登山集団。ここまでやる40代男性は日本では滅多にいない。尊敬あるのみ。↓
へべれけ登山隊のブログ


カテゴリーは3つ登録しております。
もはや、カテゴリー不明。ワシって何者?
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ふたりジェンガ
from PoweredTEXT
ライフログ
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

テレビ出演・・・しませんえん

一応、主夫をしている(かなり考え方が、偏ってるとは思う)

わたくしにもTV出演の依頼が、ついに来ましたよ。

えーっと・・・・断りました!というか、返事のメールを

送ってませんえん。

だって、オーディションがあるとかいうんだもん。

そんな、都心にオーディション受けに行くほど、主夫は

暇人じゃありませんよ。そんな暇があったら、洗濯をしているか

飯を作っているか、もしくは釣りに行くか、自分のために

使いますわ。パンを焼くとか。


f0032911_22394795.jpg


f0032911_2243485.jpg


この前、型のついてる本を衝動的に買ってしまったんですね。

そして、ついにわたくしもパンの道に足を踏み入れました。

小麦粉をコネコネしていると、気分が安らぎます。

面白いよ~パン作り。うまくいかないけど。

いや、うまくいかないから、料理は面白いのよ。これから、

試行錯誤を楽しもうと思ってます。


で、テレビ出演の話なんですが、

あれ、詐欺かなんかじゃないの?といまだに思ってます。

まったく、役者じゃあるまいし。報酬10万円とかなら考えますけど。


番組には、まずストーリーがあって、それにあった主夫を

オーディションで選ぶんでしょうがねぇ。。。
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-29 22:50

遊んできた

f0032911_20385199.jpg
f0032911_20393192.jpg
f0032911_204078.jpg

今年も山に行ってきました。もともと都会の暮らしには

馴染めないワタクシ。年に何回か、こういうところに

行かないと発狂しそうになります。

ちなみに、この日のために、前日、夜10:30ごろ

まで、台所に立っていたんですよ。

おかげ様で、子供が大きくなったから、「今日は、帰りがすごーく

遅いから、晩御飯はシチューを温めて、二人で、食べてね~」と

言っとくと、「うん、わかった」と後は、勝手にやってくれます。

さらに、去年の秋あたりからサッカーの試合をテレビで見ていても

大丈夫になりました。いままで、「おとうさん、おとうさん」と

呼ばれて、試合を見ているどころじゃなかったんですが・・・

君たち大人になったのう。


長男は「俺は平気だけど、お父さんが、いないと次男が

可哀想んじゃないかなぁ」と言ったりもしますが、

わたくしもたまには遊ぶだけ遊んで、後は寝るだけという

一日がないとね・・・

親父に発狂されても、君たち困るでしょ。

釣り竿を片手に、川沿いを歩いていると、人生最高ですね。
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-26 21:06

意識

このネタは前に出したような気がしますが、

改めて申し上げます。

人間つー生き物は、おおむね平面に分布しておりますが、

人間の意識は、垂直に分布しておりますよ。

だもんで、女子高生がワタクシ見たいなオジサンが、

渋谷の駅前にたたずんでいても、まるでいないかのように

ふるまえるわけですな。

たぶん、前にオジサンがいるけど、うっとうしいから、

いないことにしちゃえ、と彼女らは無意識にワタクシの

存在をシャットアウトしているんでしょうね。

じゃあ、自分の存在をどうやったらアピールできるかというと

「5万円でどう?」とオジサンが聞くのがいいんでしょう。

そうでもしないと、彼女らとは、同じ土俵にはあがれませんがな。

そんなことをしてまで、コミュニケーションをとりたくないので

死ぬまで、やらんとはおもいます・・・


ひとつ、言わせてもらいたいのは、いないかのように、

ふるまうのは全然かまわんですけれども、

(お互いコミュニケーションとりたくないもん同士

ふれあう必要はない)

ぶつかりそうになるのは勘弁してほしいです。

よけずに突進してくるのね。で、直前で気がついて驚く。

向こうも、不本意でしょうが、こちらも不愉快ですよ。

もっとも、いまどきの女子高生さんは、常識があって

そんなひどい人はおらんです。

昔の話ですね。
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-25 23:18

考える

われ思う故に我あり。という有名な言葉がございます。

では、われ思わず故に我なし。

つーわけでもない。何にも考えずに、ボーッとして

いたって自分の存在は消えませんな。

(消えたら面白いんですが)

人間は考える葦である。

いや、そんなに弱い生き物だったら、世界中に

何億も人間いませんって。


と、相当飲みながら、なんとなく考えている

わたくしがいたりする。

そのわたくしには、下手な考え休むに似たり。

という、ことわざがぴったりですな。

まぁ、過剰に思考するつー作業は、大事だと

思いますが、何にも考えないという無駄も

大事ですよね。

昔は、哲学的なことを考えない人が

たくさんいたから、考える作業が、尊かった

んでしょうけど、今はね・・・どうなんでしょうな。


村上龍が、南の島の人がヨーロッパに行った

ときの感想を、本にしております。読んでみると

面白いです。考えることが、尊い作業なのか

わたくしには、わからんですよ。
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-23 22:18

ハンバーグが面白い

この前のカレーは、市販のルーの重力圏を少しだけ

突破いたしました。

カレーも研究の余地ありですね。自分の努力が報われて

満足しました。今度は、もっとすごーいのを作ったる。


で、ハンバーグなんですが、最初は、「これも、どう作っても

ハンバーグにしかならない。つまらん料理。」と思ってました。

ところが、これが面白い。タネの混ぜ順。中に入れるもの

焼き具合等などで、味が変わる。

非常におもろい料理!ということに気がつきました。

一応、いまのところ、これで完成というところまで、

たどり着きました。子供も「これはうまい。上手になった。」

と喜んでます。

今度は、もっと口当たりが柔らかくなるように努力したいと

思ってます。

料理が苦手という人が、意外と多いようですけれども、

まあ、そう言わずにやってみてくださいな。

最初は面倒だけど、面白いですよ~

別に、店で売るもん作るわけでもなし、失敗したって

全然平気。盛り付けだって、ぞんざいでも文句を言われない。

家庭料理ってすごく、楽しいと思います。
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-21 23:22

カレーに対する意見

今日は、夜勤明けで、11:00に帰宅。夕方まで

寝てましたが、「人はパンのみにて生くる者にあらず」

つーか、ワタクシがご飯を作らねば、パンすらない

我が家。で、作りました本日の晩御飯。


さらに頑張って、明日のご飯(カレー)まで、作ったので、

明日は、少しのんびりできます。

で、話が変わるんだけど、カレーって、作っていて、

すごくつまんない料理ですよね。

市販のカレールーって、よくできていて、チョコレートを入れようが

インスタントコーヒーを入れようが、葛根湯を、ぶち込もうが

とにかく何をしようが、最終的に、きちんとカレーになるんですね。


カレーは、時代劇ドラマのように、何があっても、

最後は、八方丸く収まるという、まさに「料理界の大岡裁き」

料理界のお奉行。素晴らしきかなカレー。





でもよ。カレーって、作る過程におけるワタクシの努力(いろんなものを

入れてみてオリジナルティと出そうという努力ですね)というか

そういうものが、まったく反映されないのね。いつも同じ味に

なっちゃう・・・

その辺がつまらんので、ワタクシ、カレーはめったに作りませんがな。


最後の最後で、上司に手柄を奪われた部下!みたいな感じで、

「俺の努力はなんだったんだよ~」と味見をして、毎回、叫ぶ次第ですよ。

と、つまんないことを、ほざくのはやめて、そろそろ洗濯物に

とりくみます。

ではでは。
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-17 22:43

泣き叫ぶ子供(3歳くらい)

小さい子供ってのは、いったいぜんたい、

どーいう理由で、泣き叫び続けるのか

ワタクシ理解できないですよ。

その昔、大宮(埼玉県の大宮です。いまは、

さいたま市というらしい)から、電車に乗ったら、

泣き叫ぶ子供がいて、まぁ、子供ってのはそういう

もんだと思いつつ、赤羽で、電車を降りたんですが

その子、ずっーと泣き叫び続けていましたよ。

あれでは、親はたまりませんな。


ただ、泣き叫ぶ子供ってえのは、あれはあれで、

自己を主張しておったんだ。と思ったりもします。


いやね長男が、子供のころ、泣き叫ぶことが多かった

んですけど、大きくなったら、あの人、自分の意思という

ものを、はっきりと表明しますもん。

一方、次男は、生まれてからというもの、手間のかから

ない人だったけど、自分の意見というものを、いまひとつ

言えません。

ダダをこねるのも、子供にとっては大事な仕事のようです。


大変だとは思いますけれども、泣き叫ぶ子供を

抱えて困り果てているお母さん。

「うちの子は、きちんと主張できるんだぁ」

と思って、耐えてつかあさい。


あれは、ホントに、途方にくれますよね。
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-11 22:18

爆発系の食物とビックダディ

昨日はレバーのから揚げなるものを、

初めて作ってみました。

レバーの下ごしらえは、調理学校で

習っているので、問題なかったです。

実際、おいしいレバーは下ごしらえが

大事みたいで、きちんとやると臭みが

ないのね。

ところがよ。世の中には爆発系の食物

というものが、存在しておりまして、

レバーのから揚げは爆発系の食物

でした。

爆発系と言われても、みなさん何が何だか

さっぱり、わからんでしょうけど、イカのてんぷら

と言われれば、わかってもらえると思います。

すごーく、剣呑。油、はねまくり。「たぶんそうなるよな」

とは思っていたけど、想像通り、想像以上。

わたくしも、調理師の免許をもっているので、

勇敢に、油の中で、爆発をつづけるレバーと

戦い続けましたが、揚げ物は、水気をきっちり

きらんと危ないですな。

思い返すと爆発系で、一番恐ろしかったのは、

なんといっても春巻きです。です。

皮に包んだ、餡が油の中に染み出ると、これは

料理というよりは、消防の世界。バックファイヤー

に次ぐ、バックファイヤー。

あれは、恐ろしかとです。


で、話は変わりますが、ワタクシ、最近、仕事でPCを

使わなくなってから、再び、PCをいじり始めました。

徒然なるままに、人さまのブログをのぞいたりするん

ですが、ビックダディ系のブログって意外とあるんですね。



賛否両論あるにせよ、ビックダディといわれて知ら

ないという人はいませんよね。

ぐだぐだの子だくさん親父が、迷走する有様を

えんえんと放送していたあれです。

なんか、ほのぼの系だったブログが、突然、

旦那と離婚しました!みたいなのを見ると

「おぉーっ、ビックダディ!」と思いますな。

わたくしも、人生、下り坂最高。みたいな生活を

送ってますけど、ブログは、ビックダディ系、私生活

ダダ漏れは、よくないですよね。


今のところ可能性は低いですが、ワタクシ

離婚するにせよ、子供と不仲になるにせよ、

きちんと編集して、読み物らしく、皆様にお届けしたいと、

決意を新たにした次第ですよ。

(うつ病シリーズは、マジで失敗しました。あれは、もう少し

自分の中で、構想を練り直して、お届けしたいと思ってます。

一応、自分の中で、皆様にお伝えしたいことは、あることは

あるんですが・・・)



蛇足ながら、レバーのから揚げは、子供の評価が

非常に高かったです。想像以上で、なによりですがな、
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-10 22:40

介護業界のお話

いまだに、なんとなく介護の仕事をしております。

底辺の職業といわれる介護の世界も、すでに

3年目に突入!

で、感想を申し上げますね。介護の仕事は底辺です!

いや、実感として、そう思うだけで、別段なにも

考えていないんですが・・・

高齢者が増え、成長産業といわれる介護業界。

介護業界の成長=日本の衰退

としかわたくしには思えないんですけど、

その辺はどうなんでしょうねぇ?

まぁ、この仕事をやってて、それなりに面白いから、別段

いいんですけど。(いやなことも当然ある)


高齢者って、弱者という目線で語られますが(新聞

ニュース等で)、この業界に身を置いて、いやいや

なかなか、そうでもございませんよ。

結構、自己主張が激しい方々がおりまして、

一筋縄ではいきませんな。かれらは強者でも

弱者でもなく、ただの人間にすぎないと

わたくしは思っております。


先にも書きましたが、成長を続ける介護業界は、

日本の衰退の象徴なわけで、いつかドカーンと

爆発する時がやってきます。

それは団塊の世代から、寝たきりの人が大量に

でてくるときだと、わたくし勝手に思ってます。

もう、すでに人手不足の介護業界。

あと、何年かしたら、石を投げるとヘルパーに当たる。

くらい、ヘルパーの数が増えないと、うーん・・・・

難しいですね。

ドカーンと爆発した暁には、ほとんどの人が親の

介護に追われて、まともに働けないんじゃないの

かなぁ。

と、そんな心配をしてもしょうがないですね。

何回か、この手の話をブログに書いてますが、

その時がきて、あわてても遅いです。

みなさん、備えあれば憂いなし、いまから

親御さんになにかが、あったらどうするか

考えておくとよろしいです。

(わたくしは、なにも考えていなかったので

すごーく慌てました)

ではでは。
[PR]
by akira-turibaka | 2014-04-10 12:20