excitemusic

子育て 主夫 料理 日常 共働き
by akira-turibaka
ICELANDia
メモ帳
本家・釣り&子育てサイト↓
岩魚がつれないなぁ

(主夫オフ会メンバー これからどんどん増やしましょう!)
最強!主夫漫画ブログ↓
カタルエ
ギターの弾ける主夫!曲も作れる!うらやましい↓
力を抜いて(ギター修行日記・育休編)
ここにも主夫料理ブログが!! ↓
専業主夫・しゅうちゃんのブログ

27歳。主夫会の新鋭↓ 
27歳。子供3人、妻1人。

(子育て父ブログ関連)
脱サラして漁師に!漁師いいなぁ。大変そうだけど。料理上手と見ました。
脱サラきんちゃく漁師のブログ


料理ブログ
RIN*さんの作る美味しそうなアジア料理のブログ。教室もやってます!
料理教室カフェソイ★アジア

(過激スポーツブログ関連)
山を駆け抜ける鉄人トレイルランナー・ナオキさんのブログ↓
山ヤ系初心者トレイルランナー&子育てパパ「ナオキ」


恐るべき武闘派・登山集団。ここまでやる40代男性は日本では滅多にいない。尊敬あるのみ。↓
へべれけ登山隊のブログ


カテゴリーは3つ登録しております。
もはや、カテゴリー不明。ワシって何者?
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ふたりジェンガ
from PoweredTEXT
ライフログ
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


インフルエンザ

f0032911_21235005.jpg


晩御飯に、とんかつを作ったり。

f0032911_21231967.jpg

イワシのから揚げを作ったりしておりました。


f0032911_21214549.jpg
次男が木曜日に高熱を出し、インフルエンザ確定。だったので、

金曜日は彼に鍋焼きうどんなんぞ作ってみたりしました。

わたくし、風邪をひくと必ず食べていたぞ。鍋焼きうどん。

結構楽しみにしていたぞ。

(自家製じゃあなくて、出前の鍋焼きうどんを食べさせてくれる事が

あったのね。すごーく、うまかったです。)

さすが、日ごろ、よく食べる次男。免疫力が高いみたいで、本日は平熱

に戻りました。



こういう不測の事態の時が、働いている母親にとっては、一番途方に暮れる。

仕事を少し休んで、次男を病院に連れて行ったみたいだけど、大変だよなぁ。

と他人事のように(実際、今の職場では、そこまでは手伝えない。昔の職場

ならば休めた)言って申し訳ない。


まぁ、働く女性が輝く日本の現状はこんなもんです。お粗末極まりないよなぁ。

と思っております。
[PR]
# by akira-turibaka | 2015-01-17 21:21

明けてしまいました

f0032911_22280143.jpg
明けちまったぜ悲しみに、けふも雪さえ降りかかる・・・つーことで

1/5から通常モードに戻りました。すごくつらかったです。

人間、怠けると駄目ですね。

で、八つ頭です。サトイモ系の根菜はたまに料理したくなります。

手間がかかるんだけど、その手間が面白くて・・・

○○だしと煮てみましたが、いやまずいのなんのって。

あれ、だしじゃないですね。化学調味料の集合体って

感じで、食えた代物じゃなかったです。

f0032911_22282023.jpg

で、八つ頭は、翌日、コロッケに変身しましたよ。1個、思い切り焦げました・・・

サトイモ系コロッケ、ジャガイモ系よりいいかもです。

フライパンで揚げたコロッケが焦げそうなんで、

次男に「コロッケひっくり返して」って

頼んだら、野菜炒めみたいにフライパンをゆすろうとして

おーっ、危ないなぁ。

みんな喜んで、モグモグ食べておりました。

だいたい、自分の作ったものはうまいと思わないですが、

サトイモコロッケはうまかったです。

コロッケは面倒なんで、今度いつ作るかなぁ?

コロッケは、西洋風精進料理って感じで、すごく手間暇かかりますね。

肉が食べられないので、肉の代わりにジャガイモを使って何とか

ならないものか?と工夫して作ったんだと思うんですけど、

いや、出来上がるまでの工程が長いです。




[PR]
# by akira-turibaka | 2015-01-07 23:15

家事をしない人とは?




f0032911_22452991.jpg
すごくべたな看板を見つけました。こーいうのはいいですね。

主夫を初めて間もないころ、近所の奥さんたちに「ワタクシ、家事やってます」

というと「うらやましい」といわれました。でも、いま今思い返すと、そんなに

心底、うらやましい!って感じでもなかったですね。

まぁ、旦那に家事をやられると自分たちの存在意義が揺らぐつーか

そういうびみょーな感じなんでしょうね。


前にも、書きましたけど、旦那が家事をやらないのは、旦那個人の

問題だけではなく、社会環境が旦那をそうさせてしまった部分も

あって、旦那に家事をやってほしい奥様方、あまり目を吊り上げて

旦那を攻撃するのはやめていただけると、とてもうれしいです。

(そういう奥さんがいればの話ね。)

旦那だけではなく、旦那を取り巻く社会環境にも目を向けていただ

けると幸いでございますよ。

向けた所で、どうなるわけでもないですが・・・

すみません。


家事をしない親父を、母親は頭に来たらしく掃除・洗濯・買い物など

家事を教え込まれたというか、恨みを発散させられたというか、まぁ、

ワタクシの頭の中には、家事がなんとなーくインプットされておりまし

たが、ある種の男性の頭の中には、家事というもんがまったくインプット

されていない可能性もある。やらないのではなくて、インプットされてい

ない。人によっては「台所に入るのは男の恥」とインプットされている

可能性もある(実際、そういう人が同年代に、2人いた。上の世代には

たぶん、ゴロゴロいる)



しかし子供(男2人)を見ていると、やらんですね。正直、家事って面倒で

すよ。(家電発達の歴史が、いかに家事が面倒で重労働かってことを語って

いるとワタクシ思います)

あれはかなり根気よく仕込まないと覚えないし、習慣化しないわ。

自分がそーだったもん。彼らには、教えるのが面倒なので、ほっておいて

ますけど、いけませんよね。そろそろ、仕込まないといかんですよね・・・

育児=時間と心の余裕なわけで、なかなか時間と心の余裕がね・・・

まぁ、いいわけなんだけどさ。

レッツ 碁~しないといかんのか?

あー、めんどくさっ!

とだんだん、なにをいいたいんだか分からなくなってまいりました。


[PR]
# by akira-turibaka | 2015-01-04 22:45

去年と今年

f0032911_1457578.jpg

嫁の会社の人が、「正月がむかつく」そうで、理由は「たいしてめでたいことが

あったわけでもないのに、めでたい。めでたい。」というのが癪にさわるそうな。

まぁ、その気持ちわからんでもない。

その人、正月は、単なる通過点と思っていればよろしいのでは?

今日は、仕事が終わりまして、これからお休みです。

あんまり、浮かれ騒いでいると、仕事に戻るのがしんどくなるんでね~

テレビの馬鹿騒ぎを見ないようにしないと・・・

(見ていると、正月気分が移る)

ときにワタクシ去年も、死なずにすみましたね。マジで3車線の大通りで

こけた時に、これで人生終わっていても、おかしくはなかったんですが。

おととしはガンを発病。これからも、スタントマン人生が続くと思われます。

今年はいったなにが起きるんだろう???

ワタクシ、物事は考えるが、最終的に、考えることを放棄してしまう。

もしくは、悲惨な方向ではなく、楽しい方向に考える(ように心がける)

という特徴があるようで、おかげさまで、呑気にやってます。

(もちろん、頭に来たり、マジで心配することもあることはある)

これから、自分に降りかかる災難を心配してもねぇ。

そして、過去におきた災難を悔やんでもねぇ。意味がないですよねぇ。

とはいうものの、最近、嫁が「あんた。いい加減にしてよね。」とおっかない。

まぁ、当たり前ですよね。

ワタクシ、パンク教信者なので、パンクな振る舞いは一生やめられないと

思います。すんません。

[PR]
# by akira-turibaka | 2015-01-01 14:57

意味なく更新

いままで、子供にPCを占領されておりました。

ワタクシ、本日、仕事でした。ちなみに正月まで

仕事をしております。

昔、郵便配達の仕事をして、正月働くというのに

慣れたので、あまり違和感ないです。

まぁ、人間、正月だから飯を食わない・トイレに行かない

とかね。そんなことはない。休みが少ないのは介護の仕事の

宿命ですな。そのへんは、子育てと相通ずるところがござい

ますな。大したことはしていないんだけど、なんかくたびれる・・・

というのも、なんとなく似ております。

介護の仕事というと、高齢者のお世話をするイメージがあるでしょ。

とーんでもない。3歳児から90歳まで、幅広い人のお世話をいたします。

ドキュメンタリーとかで取り上げられている介護現場ですね・・・

なんかすごく、うまくまとめてあるのね。

ちょっと違うような気がします。その辺は、また後ほど。
[PR]
# by akira-turibaka | 2014-12-31 00:08